「Oracle Databaseは難しいなぁ」と思うあなたに:Application Express

兒玉敏幸(101)
2008-07-11 12:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚えておきたいApplication Express

 本連載「Oracle Databaseでバッチ処理を高速に!」の第1回「無料で使える「Oracle Database XE」をインストール」で、無償で利用できるOracle Database 10g Express Editionのインストール方法を紹介しました。

 今回はちょっと一息ついて、Oracle XEに付属するApplication Express(以下APEX)という管理・利用ツールを紹介しましょう。

 「Oracleは難しいなぁ」と壁を感じている方でも、とても簡単に使えるツールですので、一番最初に使うと思われる機能を一部紹介します。

ポート番号の変更

 APEXのデフォルトで使用されているポート8080はTomcatなどでもデフォルトで設定されているポートですので、変更したいと思う方も多いでしょう。

 APEXのポート番号の変更はとても簡単です。SQL*Plusに管理者としてログインし、1つのプロシージャを実行するだけですので、必要な方は変更してしまいましょう。下記にポート番号を5050に変更する実行例を示します。

C:\>sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 火 7月 1 10:52:33 2008

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.


Oracle Database 10g Express Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
に接続されました。
SQL> exec dbms_xdb.sethttpport(5050);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SQL>

ユーザーの作成

 APEXにログインすると図のような画面が表示されます。

赤枠の「管理」をクリックしてください。 赤枠の「管理」をクリックしてください。
次に「データベース・ユーザー」をクリックしてください。 次に「データベース・ユーザー」をクリックしてください。
ユーザーの一覧画面が表示されます。インストール直後の状態では「HR」ユーザーが表示されます。 ユーザーの一覧画面が表示されます。インストール直後の状態では「HR」ユーザーが表示されます。

 新たにデータベース・ユーザーを作成しますので、「作成」ボタンをクリックしてください。

ユーザー名、パスワードを設定し、「作成」ボタンをクリックしてください。図の例では「test」ユーザーが作成されます。 ユーザー名、パスワードを設定し、「作成」ボタンをクリックしてください。図の例では「test」ユーザーが作成されます。
ユーザー作成が完了した。(クリックで拡大) ユーザー作成が完了した。(クリックで拡大)

表の作成、ロード

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]