無料で使える「Oracle Database XE」をインストール

兒玉敏幸(101)
2008-06-26 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

1. 無料のOracleデータベース

 読者の皆さんはOracleデータベースに無料版が存在することをご存知でしょうか?残念ながら日本オラクルから情報が出てないので、知らない方も多いと思います。

 無料版のOracleデータベースとはOracle Database 10g Express Edition(以下「Oracle XE」)で、多少の制限はありますが中身は完全なOracleデータベースです(制限については後述)。

 金額的に敷居が高いと感じていた方であっても、無料でOracleデータベースを用意することができます。開発プラットフォームとしてだけでなく、小規模システムであれば運用プラットフォームとしても十分に使えると思います。もちろん、Oracleデータベースの勉強にも有用でしょう。

 データベースはデータを管理し、簡単に検索・抽出などをするために利用されます。通常はデータの管理等に利用されるだけです。

 しかし、データベースをデータの加工エンジンとして活用することで、利用範囲が大きく広がります。そこで本連載では、このOracle XEを利用してデータベースの新しい活用の仕方を提案したいと思います。

 まず、今回はOracle XE Windows版の入手、インストールを紹介しましょう。

1-1. ダウンロード

 Oracle XEはOracleのウェブサイトからダウンロードすることになります。アクセスしたら、ページの中断、左側にある「DATABASE」をクリックして、ダウンロードページに進みましょう。画面の遷移ごとに画像で説明します。

Webページの左側にある「DATABASE」をクリック。 Webページの左側にある「DATABASE」をクリック。
次にページの左側にある「Express Edition」をクリックしてください。 次にページの左側にある「Express Edition」をクリックしてください。
ページの左側に「FREE DOWNLOAD」の項目がありますので、「Windows」をクリックしてください。 ページの左側に「FREE DOWNLOAD」の項目がありますので、「Windows」をクリックしてください。
まずは「OTN License Afreement for Oracle Database Express Edtion」をクリックしてライセンスについて確認してください。 まずは「OTN License Afreement for Oracle Database Express Edtion」をクリックしてライセンスについて確認してください。
ライセンスに同意できる場合は、「Accept License Afreement」をチェックします。 ライセンスに同意できる場合は、「Accept License Afreement」をチェックします。
ファイルのダウンロードができるようになりますので、ファイルを選択します。 ファイルのダウンロードができるようになりますので、ファイルを選択します。

 「OracleXE.exe」「OracleXEUniv.exe」「OracleXEClient.exe」の3種類ありますが、最後のファイルはクライアント版なので最初の2つから選択します。「OracleXE.exe」はシングルバイトのデータのみ扱えます。データに日本語を使用したい場合は「OracleXEUniv.exe」をクリックしてください。

ファイルをダウンロードするにはOracle.comの会員となる必要があります。 ファイルをダウンロードするにはOracle.comの会員となる必要があります。

 まだ会員登録されてない方は、無償ですのでこの機会に会員登録をしてみてはいかがでしょうか。

 さて、ここからはOracle.comへの会員登録です。

「お客様プロファイル(Oracle.com)を作成してください」をクリックします。 「お客様プロファイル(Oracle.com)を作成してください」をクリックします。
登録するメールアドレスとパスワードを入力し、「Confirm」ボタンをクリックします。 登録するメールアドレスとパスワードを入力し、「Confirm」ボタンをクリックします。
必要な情報を入力します。赤い*(アスタリスク)は必須項目です。 必要な情報を入力します。赤い*(アスタリスク)は必須項目です。

 入力したら「Confirm」ボタンをクリックします。これで会員登録は完了です。

先ほど指定したファイルのダウンロードが開始されます。画像は「OracleXEUniv.exe」のダウンロード画面です。 先ほど指定したファイルのダウンロードが開始されます。画像は「OracleXEUniv.exe」のダウンロード画面です。

1-2. インストール

  • コメント(5件)
#1 anonymous   2009-10-06 17:27:23
誤:下記で説明する意外でも
正:下記で説明する以外でも
#2 builder   2009-10-06 20:00:31
> 1 様

builder編集部です。いつもご愛読頂きありがとうございます。
タイプミスにつきまして、ご指摘ありがとうございました。

該当個所を修正させて頂きました。
読者の皆様ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

今後もご愛読頂ければ幸いです。
#3 anonymous   2009-12-17 00:15:23
ORACLE 環境をサーバーでなくPCに設定出来ないでしょうか

設定が出来てSQLやJAVAで作成したプログラムをテストしたいのですが

OracleXEUniv.exe は、サーバーでないとだめですか?
#4 anonymous   2010-02-03 08:56:26
このページに誤字を発見しました
誤:ライセンスに同意できる場合は、「Accept License Afreement」をチェックします。
正:ライセンスに同意できる場合は、「Accept License Agreement」をチェックします。

情報ありがとうございました。
参考にさせていただきました。
#5 builder   2010-02-17 13:25:00
> 4 様

builder編集部です。いつもご愛読頂きありがとうございます。
タイプミスにつきまして、ご指摘ありがとうございました。

該当個所を修正させて頂きました。
度重なるミス、大変失礼いたしました。
読者の皆様ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

今後もご愛読頂ければ幸いです。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ