クラスタリングソフト「MySQL Cluster」新版--複雑なクエリの性能が向上

田中好伸 (編集部)
2012-02-16 15:04:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Oracleは米国時間2月15日、MySQL向けクラスタリングソフトの新版「MySQL Cluster 7.2」の一般提供を開始した。管理ツールの新版となる「MySQL Cluster Manager 1.1.4」も一般提供が始まっている。

 MySQL Clusterは、要件の厳しいウェブ系や通信系の製品やサービスに99.999%の可用性、高い書き込みスケーラビリティ、極めて低い遅延などの性能を活かせるという。新版のMySQL Cluster 7.2では複雑なクエリの性能が最大で70倍向上している。多くのアプリケーションがナマのデータセット全体にわたるリアルタイム解析処理など、MySQL Clusterの機能の恩恵を受けられるようになったと説明している。

 新版では柔軟性も向上しているという。スケーラブルな分散型データベース(DB)の展開がSQLとNoSQLの両方のインターフェースから可能となっている。複雑なクエリや複数テーブルを利用するACID準拠のトランザクションを実行できるという。シンプルなキーバリューと複雑なクエリを同一DBの同一データセット全体で実行できるとしている。新しいMemcached APIを通じてNoSQLからMySQL Clusterにアクセスすることで、キーバリューの読み出しと書き込みの処理のスピードが向上しているという。

 拡張性も強化されている。個々のデータノードを別々のデータセンターに配置して、DBを自動的にシャーディングするマルチサイトクラスタを利用できる。同期レプリケーションで拠点間でデータの一貫性や整合性を維持し、迅速な自動フェイルオーバーやリカバリも可能だ。アクティブ-アクティブ型のレプリケーションの強化で、複数のアクティブなクラスタでの矛盾の検出と解決が簡素化され、アプリケーション内でタイムスタンプ列を維持する必要がなくなるという。

 新版では、共有ユーザー権限テーブルで、これまで分散されていたテーブルをデータノードに統合し、あらゆるMySQLサーバからアクセスできるようになっている。この機能で、管理者がクラスタにアクセスするSQLノードごとに権限を設定、維持する必要がなくなる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]