クラウド+DB:Amazon SimpleDBって?

文:Tony Patton(TechRepublic) 翻訳校正:原井彰弘
2008-01-31 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 ウェブベースのサービスを開発するときには、設計を単純にするのが難しいことも少なくない。それは、GoogleやAmazonのような企業が提供しているウェブサービスをたくさん利用してみれば分かるだろう。しかし、そのような複雑なコードを利用した結果、価値のあるサービスを使えるようになるのも事実だ。そして、まさにそれがSimpleDBによってデータの管理が簡単になるという先日のAmazonの発表に私が興味を持った理由である。私はbeta版を詳しく調査し、Amazonがその約束を守っているのかを見極めることにした。

クラウドの中での作業

 AmazonやAmazonが提供するウェブサービスで重要な概念に「クラウドコンピューティング」がある。Wikipediaでは、クラウドコンピューティングを「パソコンや個々のアプリケーションサーバからコンピュータのクラウドへという、コンピューティングのパラダイムシフト」と定義している。

 Amazonの場合には、クラウドとはインターネットを指す。つまり、インターネットによって開発者はハードウェアやネットワークを意識する必要がなくなるというのだ。実際、Amazonのさまざまなサービスは、HTTPプロトコルから呼び出せるAPIを介して機能を公開している。そのため、クラウドのサービスを利用することによって高機能なウェブアプリケーションを構築することも可能になっているのである。

 SimpleDBでは、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)やAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)の機能も利用してサービスを提供している。これらのサービスを組み合わせることによって、開発者はAmazonの拡張性に富んだアーキテクチャを利用して、クラウドにあるデータセットを格納、処理、問い合わせできるようになっているのだ。

基本的な前提

 SimpleDBは、構造化されたデータに対してリアルタイムでクエリを実行するウェブサービスだ。多くの開発者は、MySQLやSQL Server、PostgreSQLなどを用いて、バックエンドのデータベースに格納されているリレーショナルデータを扱った経験はあるだろう。

 SimpleDBでは、APIを利用するだけで簡単にSimpleDBベースのデータを作成し、操作を行うことが可能だ。開発者は、データストレージのインフラと格闘してデータベースサーバの設定や保守に時間を取られる必要はなく、ただ単に扱うデータのことを考えるだけでよいのである。また、Amazonではシンプルな料金体系を採用している。データの転送量や保存量に応じて標準料金が加算されるものの、使っただけ払えばよい分かりやすい料金モデルになっているのだ。

  • コメント(1件)
#1 thesecret   2008-03-08 15:26:09
普通のデータベースの代替品で運用とか基盤を考えなくていい、、という話だと、
パフォーマンス面の問題があるし、ネットワークが切れたらサービス停止とかいうことになりそうなのだけど、
思いっきりデータを公開するという意味での使い方だと良いような気がします。
現状、公開APIと呼ばれるものだと、検索クエリーは限られたものになるし、不可思議な制限(たとえばAmazonのAPIは1秒1回とか・・)があったりするわけだけど、
データベースとして公開してくれれば、いろいろなサービスを組み合わせるにも、都合がいいところがあると思います。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ