PostgreSQL 7.3ブランチが終了:8.2系へアップグレードを

後藤大地(オングス)
2008-01-08 18:55:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The PostgreSQL Global Development Groupは6日(スウェーデン時間)、PostgreSQLの最新セキュリティアップデート版を公開した。8.2、8.1、8.0、7.4、7.3のそれぞれのバージョンに対して、CVE-2007-6600、CVE-2007-4772、CVE-2007-6067、CVE-2007-4769、CVE-2007-6601という5つのセキュリティ問題が修正されたバージョンを公開したもの。

 これらバージョンはセキュリティ修正のみを目的として、機能面での互換性は維持されている。同チームはPostgreSQLを使っているすべてのユーザに対して同最新版へのアップデートを推奨している。すでにOSが用意しているパッケージ管理システムの方で最新のPostgreSQLへの対応を済ませているケースもある。

 8.1、8.0、7.3の3つのバージョン系は今回のセキュリティアップデートが最後のバージョンになる予定だ。これらのバージョンを採用している場合には早い時期に8.2系へのアップグレードを検討されたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ