アマゾン ウェブ サービス株式会社

掲載情報:   ホワイトペーパー(21) イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(249)

AWSが「Open Distro for Elasticsearch」リリース

AWSが「Open Distro for Elasticsearch」をオープンソースで公開した。 2019-03-13 13:00:00

AWSが注力する「ユーザーがパートナーを“品定め”できる制度」とは

クラウドサービスで快進撃を続けるAmazon Web Services(AWS)が、パートナー企業向け技術認定プログラムの推進に注力している。この制度はいわばユーザーがパートナーを“品定め”できるもので、AWSのビジネス姿勢を色濃く反映している。今回の「一言もの申す」は、AWSのこのこだわりの制度を取り上げたい。 2019-03-13 10:03:00

ディップ、社内システムのAWS移行を内製化--移行費用を約10分の1に削減

ディップは、社内システムをAmazon Web Services(AWS)へ移行する作業を全て内製化した。三井情報(MKI)の移行ツール「CloudEndure」を活用。移行費用をベンダー見積もり額の約10分の1に収めた。 2019-03-03 08:15:00

アマゾン、予想上回る好決算--クラウドや広告がけん引

アマゾンの第4四半期決算は、売上高・利益ともに予想を上回る結果となった。 2019-02-01 10:17:00

AWSとMicrosoft Azureの利用などマルチクラウド導入進む--Kentik調査

AWSの採用率やマルチクラウドのトレンドなどを調査した結果をまとめたKentikのレポートによると、企業によるマルチクラウドの導入が進んでおり、マルチクラウドの組み合わせとして最も一般的なのはAWSと「Microsoft Azure」だという。 2019-01-29 13:01:00

AWS、「SageMaker Neo」をオープンソース化--「Neo-AI」プロジェクトを立ち上げ

Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月23日、機械学習(ML)サービス「SageMaker Neo」の構成コードを、このたび立ち上げた「Neo-AI」オープンソースプロジェクトの下で公開すると発表した。「Apache Software License」を適用する。 2019-01-25 10:11:00

AWS、「MongoDB」互換のフルマネージド型DBサービス「Amazon DocumentDB」をローンチ

Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月9日、既存の「MongoDB」ワークロードをサポートするフルマネージド型のドキュメントデータベースサービス「Amazon DocumentDB(with MongoDB compatibility)」の提供開始を発表した。 2019-01-11 10:44:00

クラウド王者からその先へ--多分野で強さを見せた「AWS re:Invent」を振り返る

AWSの「re:Invent 2018」では、AWSが単なるクラウドスタックではなく、顧客にとって一番のエンタープライズITベンダーを目指していることが示された。 2018-12-06 06:30:00

AWSのサーバレス開発で好きな言語を利用可能に

AWSは、「AWS Lambda」を利用した開発で好きな言語を利用できるようにするための機能を導入した。 2018-11-30 16:22:00

AWS、IoT関連サービス拡充--産業用データ収集の「IoT SiteWise」など

AWSが、IoT関連のポートフォリオを拡充しており、「re:Invent 2018」で、産業用機器からのデータの収集や分析が容易にできるマネージドサービス「AWS IoT SiteWise」や、IoTセンサやアプリケーションからのイベントを容易に検出しできるようにする「AWS IoT Events」などが発表された。 2018-11-30 11:07:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]