SDLジャパン株式会社

~グローバル規模で翻訳ソリューションおよびコンテンツ管理ソリューションを展開する、SDLの日本法人~ イギリスに本社を構え、世界37ヶ国54ヶ所にオフィスを持つ『SDL』。 グローバル規模で先進的な翻訳ソリューションおよびデジタルコンテンツ管理ソリューションで、企業のグローバルカスタマーエクスペリエンスの実現を支援しています。ローカリゼーション業界の世界的リーディング カンパニーであり、私たちはその日本法人です。 当社の主要なテクノロジの一つであるランゲージテクノロジは、翻訳プロセスにおける効率と品質を向上させるものです。 中でも、代表的な製品である『SDL Trados』は、翻訳約30年の実績を持つ世界シェアNo.1の翻訳支援ツールです。世界全体で190,000以上のライセンスを企業・翻訳会社・翻訳者の皆様が利用し、欧米はもちろん、日本でもその最先端のツールとして翻訳業界で高い評価を得ています。 企業の言語部門、言語サービスプロバイダ、フリーランスの翻訳者、教育機関を含む翻訳サプライチェーンの9割で『SDL Trados』テクノロジがすでに採用されています。 定期的に無料セミナーを開催し、『SDL Trados』テクノロジの導入によって「高品質な翻訳」、「翻訳納期短縮」、「翻訳コスト削減」を実現する手法を、幅広いお客様へわかりやすく説明していますので、翻訳をもっと効率的にしたいと考えている方、翻訳支援ツールが初めての方もぜひご参加ください。 さらに、SDLは20年以上にわたって多言語翻訳のサービスでも高い評価を得ています。対応可能な言語数は200言語にも達し、その実績と経験で多くの世界的なトップブランドのグローバル化を支援しています。 また、デジタルコンテンツ管理の分野でも世界トップ企業を強力にサポートするソリューションを提供しています。特に、SDL Web(旧SDL Tridion)は、ガートナー社の「Magic Quadrant for Web Content Management」で「リーダー」として長年評価され続けており、多くのトップ企業が導入しています。 グローバル展開における複雑化を排除し、コストを最適化しながら、さらにグローバル化を加速させたいとお考えの企業様はぜひSDLにご相談ください。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(9) イベント情報(161) プレスリリース(8) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(1)

SDL、ソフトのローカライゼーションツール「Passolo」新版--機械翻訳と連携

SDLジャパンは、ソフトウェアのローカライゼーションツールの新版「SDL Passolo 2015」をリリースした。サブスクリプションベースの機械翻訳サービス「SDL Language Cloud」にアクセスし、業種別の機械翻訳エンジンや個人の辞書を利用できるようになった。 2014-11-10 13:46:00

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]