株式会社デジタルハーツ

●ソフトウェアに内在する不具合(=バグ)を見つける最大手。 ●事業領域はコンシューマゲーム、モバイル機器、アミューズメント機器(パチンコ・パチスロ)で、取引者数は398社と幅広い。 ●22万件以上ものバグデータを蓄積し、それに基づき独自の方法によりバグ検出を行う。 ●登録テスター数は全国に2400名。登録時は全員に身元保証人をつけるなどセキュリティ体制も万全。 ●今後は家電分野や海外に事業を展開していくとともに、不具合情報のポータルサイト"fuguai.com(フグアイ・ドット・コム)"に注力し、製品のバグと真正面から立ち向かう企業を目指す。 ●2008年3月期の売上高は23億7200万円、営業利益3億3600万円、経常利益3億1900万円、当期純利益1億6900万円。前期比では約140%前後の成長率となった。 2009年3月期の業績見込みは売上高31億円、営業利益4億7100万円、経常利益4億7300 万円、当期純利益2億5000万円と、引き続き140%前後の成長率を見込む。 ●スローガンは「Made in Japan からChecked by Japanへ」。バグを検出するという日本人の気質に合ったサービスを武器に、今後も更なる成長を目指す。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(22) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(1)

適切なセキュリティ対策を実施する中小企業はわずか--デジタルハーツ調査

デジタルハーツは、中小企業におけるセキュリティリスクの実態調査に関する概要を発表した。 2018-04-25 10:09:00

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]