SAS Institute Inc.

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(52)

TOYO TIRE、走行中のタイヤ状況を可視化--安全走行を支えるセンシング技術を開発

TOYO TIREは、人工知能(AI)やデジタル技術を用いて、走行中のタイヤ性能をリアルタイムに可視化するセンシング技術を研究開発している。タイヤに装着したセンサーから情報を取得し、走行中の状態と限界値を「タイヤ力」として把握。これにより限界を超える走行やブレーキによる衝突の危険などを推定することができるようになるという。 2020-02-27 12:02:00

ふくおかFG、非対面チャネルでの顧客対応を強化--顧客行動を分析して離脱を抑止

ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおかFG)は、2008年に顧客の行動履歴や購買履歴に合わせて、顧客一人ひとりに合わせた情報発信を可能にするイベントベースドマーケティング(EBM)の仕組みを構築。2017年には、意思決定を自動化させる目的で「SAS Intelligence Decisioning」を導入し、EBMを発展させたオムニチャネルシステムを構築した。 2020-01-15 12:47:00

AIとIoTを併用する企業は期待以上の価値を獲得--“AIoT”の目的は増収

SAS Instituteは12月3日、世界のビジネスリーダー(450人が回答)を対象にIoT/AI(人工知能)の利用実態を調査した結果を発表した。IDCのリサーチ/分析部門とともに、SAS、Deloitte、Intelが実施した。 2019-12-09 10:50:00

AIとIoTの企業利用に関する最新調査と知っておくべき言葉遣い

企業におけるAIとIoTの利用に関して、IT関係者ではなくビジネスリーダーを対象にしたユニークな調査を、米SAS Instituteなど4社が共同で実施した。その結果と、その中に出てくる造語の話を申し上げたい。 2019-12-05 10:30:00

SAS、AI関連の取り組みに10億ドル投資へ

SASは今後3年間、人工知能(AI)に10億ドル(約1100億円)を投じると発表した。研究開発、AIに関する顧客のニーズに対応するための教育、顧客がAIプロジェクトからのリターンを最適化できるようにするサービスなどにフォーカスする。 2019-03-19 12:00:00

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入

三菱重工航空エンジンは、SAS Institute(SAS)のAIテクノロジーを活用したIoTデータアナリティクスプラットフォームを導入した。 2018-07-15 07:00:00

SASとサムスンSDS、ビッグデータのアナリティクスで提携

サムスン電子傘下でITソリューションを手がけるサムスンSDSは現地時間8月23日、米国に拠点を置くビジネスアナリティクスベンダーSASの韓国法人SAS Koreaと、ビッグデータのアナリティクスに向けた新たなソリューションの提供で連携することを発表した。 2016-08-24 10:32:00

IoTでビッグデータ収集に終始することは「ビッグミス」:SASのIoT担当者語る

Internet of Things(IoT)の取り組みで、ビッグデータの収集に終始することは、組織がデータの貯蔵庫になるという結果を招きかねないとSASのIoT Domain Leadが述べた。 2016-05-27 12:17:00

ストリーミングデータの分析を容易に--SAS「Analytics for IoT」を発表

米SAS Instituteは「SAS Analytics for IoT」を発表した。 2016-05-11 10:39:00

SASのマーケティング、アナリティクス新製品の詳細を製品担当者に聞く

マーケティング向け新製品「SAS Customer Intelligence 360(CI 360)」とアナリティクス向け新製品「SAS Viya」について、製品担当者に話を聞いた。製品の特徴をまとめて紹介する。 2016-05-10 07:00:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]