日本テラデータ株式会社

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(131) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(89)

オンラインでは価格が高くても購入--今後は需要を予測できる「探求型分析」が重要

オンラインで商品を購入する人の多くは「自分が気に入った商品は価格が高くても購入する」傾向があることから、「消費者がいちばん必要なタイミングで販売すれば、同じ商品でも異なる価格を設定できる」――。テラデータが明らかにしている。 2015-05-27 07:15:00

テラデータ、「Data Warehouse Appliance 2800」などを発表

データウェアハウス(DWH)大手のテラデータは、「Teradata Data Warehouse Appliance 2800」や、「Teradataデータベース」の強化、さらに「Teradata QueryGrid」テクノロジの拡張を発表した。 2015-04-21 12:46:00

データがイノベーションの原動力に--テラデータ社長

テラデータはデータウェアハウス(DWH)専業として20年以上、ビッグデータの領域に携わってきたと言える。同社の共同プレジデントは、デジタル化が進んだことで、多くの企業がデータの重要性を理解しているとの見方を示した。 2015-03-12 06:30:00

テラデータ、「Hadoop」用アーカイブアプリケーション開発のRainStorを買収

テラデータがRainStorを買収した。RainStorは、「Hadoop」上で動作する、極めて圧縮率の高いアーカイブアプリケーションを開発している。 2014-12-26 09:48:00

テラデータ、MapRと提携し自社製品でのHadoop活用を拡大

テラデータは12月3日、Apache HadoopのプロバイダーであるMapR Technologiesと技術統合、ロードマップの連携、および新規市場開拓の協業に関するパートナーシップの拡大を発表した。 2014-12-02 07:00:00

厳格なKPIはビッグデータ活用の本質を見失う--米テラデータのコーラーCEO

日本のビッグデータ活用は、米国よりも2~3年遅れていると言われている。その背景には、企業内組織のあり方や費用対効果に対する考え方の違いがあるようだ。日本でもビッグデータ活用が浸透するには何が必要なのか。米TeradataでCEOを務めるMichael F. Koehler氏と、日本テラデータ代表取締役社長の吉川幸彦氏に話を聞いた。 2014-10-30 10:30:00

ビッグデータ分析でマーケティングはどう変わるのか--「企業に主導権はない」とテラデータCMO

「これまでの販売モデルは、企業側が主導権を握り、製品やサービスを押し売り(プッシュ型)していた。しかし、今後の主導権はコンシューマが握る。自らで欲しい商品を見つけて引き寄せる(プル型)モデルに変化している。顧客を中心としたマーケティングが重要になっているのは言うまでもない」 2014-10-29 14:57:00

データソースの統合と協業でビッグデータ市場のイニシアチブを握る--テラデータ

データウェアハウス(DWH)大手の米テラデータのユーザーコンファレンス「Teradata 2014 PARTNERS」で最も注目されたのは、「Teradata QueryGrid」である。 2014-10-28 14:59:00

失敗の種の早期察知で成功を得られる--データ駆動型の主眼:テラデータ

「競争優位性を保つためには、ビジネスの現場ではもちろん、経営幹部もデータ分析を活用し、次のアクションにいち早くつなげられる体制を整える必要がある」――。データウェアハウス大手テラデータCEOはデータ分析の重要性を説いた。 2014-10-24 11:22:00

テラデータ、イベント「PARTNERS」開幕--eBayはデータ分析で何を発見したのか

データウェアハウス(DWH)大手の米テラデータはイベント「Teradata 2014 PARTNERS」を開催。テーマは「Data Driven」。肥大化するデータ量と構造化か非構造化を問わず多様化するデータ群をいかに効率よく利活用してビジネスを強化するかに主眼に置いている。 2014-10-21 14:43:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]