特定非営利活動法人Japan Venture Research

NPO法人Japan Venture Researchは、ベンチャー企業とVCとをつなぐ情報をデータベース化することにより、それぞれの実態を調査、分析できることを目標とし、2006年8月1日設立。 未公開企業の資本政策情報のデータベース化を行い、そのデータベースを用いてベンチャー企業への資本政策支援、企業価値評価分析、VC投資分析などを行っています。一方 投資を行うベンチャーキャピタル(以下、VCという)や、事業会社の投資における企業価値評価と投資金額の検証、投資先の調査などに利用されています。 このデータベース化により、ベンチャー企業が成長、発展をする過程で第三者割当増資などの資金調達を行うにあたり、これまで不透明であった企業価値評価や資本政策の実態が明らかになります。また、業種やビジネスモデル、事業成長の度合いなどにより、ベンチャー企業それぞれの資本政策の傾向と対策を分析することができます。さらに、ベンチャー企業に資本投資を行っているVCの実態や、VCとそのファンドがどのような分野に投資しているのか、どの成長フェーズに投資しているのかも把握することができます。 現在、2000年から現在までに新興市場に上場したベンチャー企業のうち、VCが出資を行ったベンチャー企業の約600社を対象に会社設立から上場までの調査・分析が進み、データベース化されています。未公開企業については約2600社の増資・事業成長情報が登録されています。そして同時に、内外のVC 約500社、およびそのファンド約1200、事業会社約4700社 の投資内容も検索可能になっています。また取締役、および株主の個人情報についてもデータベース化を行っています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(11) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(0)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ