全日本空輸株式会社

1. 定期航空運送事業 2. 不定期航空運送事業 3. 航空機使用事業 4. その他附帯事業【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(7) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(8)

ANA、SaaS型の調達管理システム導入--間接財の調達コストを5%削減

全日本空輸(ANA)は、日本オラクルが提供するSaaS型の調達管理システム「Oracle Procurement Cloud」を導入した。海外88拠点で利用を広げ、間接財の調達コストのうち約5%を削減する。 2019-07-16 17:17:00

ANA、旅客機にヒアラブル端末を導入--客室乗務員のコミュニケーションに活用

全日本空輸(ANA)は、5月24日からホノルル線に就航したA380型機「FLYING HONU」で、リコーが販売するヒアラブル端末「BONX Grip」を導入する。 2019-05-29 10:42:00

全日本空輸、電子請求書プラットフォームを導入--ファクス対応の手間が不要に

全日本空輸(ANA)は、経理業務の効率化を図るためインフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」を導入した。インフォマートが5月21日に発表した。 2019-05-24 17:07:00

ANA、顧客体験の管理システムを導入--アンケートの収集・分析でサービス向上

全日本空輸(ANA)は、クアルトリクスの顧客体験管理(CEM)システム「Qualtrics Customer Experience Management Platform」を導入した。クアルトリクスが7月5日に発表した。 2018-07-10 07:05:00

ANA、売上高などのKPIをリアルタイムに把握--Excelでのレポートを廃止

全日本空輸(ANA)は、クラウド型BIツール「Domo」を採用した。ウェブサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといったKPIにかかるデータをリアルタイムに把握できるようになった。 2017-07-10 11:25:00

ANA、データ入力の負荷軽減にSAP対応のUI改善技術を採用

ANAが「機体生産管理システム」で利用するSAPシステムのユーザーインターフェースを改善し、データ入力の負荷を大幅削減した。 2017-03-03 12:54:00

ANA、仮想デスクトップ1万1000台を導入--ワークライフバランスでBYODも検討

全日本空輸が1万1000台におよぶデスクトップ仮想化サービスを導入した。 2013-05-21 12:15:00

ANA、70種に渡る業務システムの共通連携基盤を構築

全日本空輸はSOAベースの「共通連携基盤」を構築した。約70種におよぶ業務システムを移行させている。 2011-09-30 09:00:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]