イコールロジック株式会社

イコールロジックは、iSCSI対応のSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)ソリューション「PSシリーズ」を提供しています。“ネットワークストレージを単純化する”というビジョンで開発された「PSシリーズ」ストレージ・アレイは、販売が開始されてからわずか3年弱で世界のiSCSI SAN市場第2位の出荷数を誇る製品に急成長したソリューションです。 独自のダイナミックな仮想ストレージテクノロジー、簡単なセットアップと拡張、インテリジェントな管理の自動化、信頼性の高いデータ保護を提供し、さらに高度なソフトウェアを含めストレージに必要なさまざまな機能を標準搭載していることから、追加コストのかからないSANソリューションとしても高い評価を頂いています。 企業のストレージ購入に新しいスタイルを提案し、中小企業には適切なシステム増強を、大容量や高性能を必要とする大企業には費用対効果の高いソリューションです。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(2) イベント情報(2) プレスリリース(1) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(5)

デル、同社のストレージ事業を支える「仮想化環境での優位性」を説明

デルは、同社のストレージ戦略について説明会を実施した。「DELL|EMC」「PowerVault」のストレージ製品に加えて、2007年に買収した「EqualLogic」製品を市場投入しており、ストレージ事業の拡大を図っている。 2009-08-24 18:12:01

ストレージの仮想化とは--仮想化技術をひも解く(3)

ストレージの仮想化の目的は、企業内に複数導入されたストレージをいかにして効率化するかという点にある。ここでも分身、合体、変身のワザが使われる。 2007-07-18 08:00:00

ストレージ管理の自動化を実現する仮想化技術を採用イコールロジックの「PSシリーズ」

iSCSI対応SAN専業ベンダーとして2001年に誕生したイコールロジック。同社が2003年に発売したIPストレージ「PSシリーズ」は、わずか3年足らずでiSCSI SAN市場における世界第2位のベンダーへと成長した。急成長を支えた要因の一つが、ストレージ仮想化による優れた管理性だった。仮想化への取り組みについて、イコールロジック代表取締役、秋山将人氏に話を伺った。 2007-06-29 16:30:00

イコールロジック、ストレージ仮想化機能を拡充--「シン・プロビジョニング」を標準搭載

イコールロジックは、同社のiSCSI仮想化ストレージアレイ「EqualLogic PSシリーズ」において、シン・プロビジョニング機能が標準搭載されたソフトウェアをリリースする。 2007-06-28 20:06:02

日本工学院、SANによるストレージ統合でiSCSIストレージを採用

専門学校大手の日本工学院では、増え続けるデータ量を効率よく管理するため、DASからSANへの移行を選択。米イコールロジックのiSCSIストレージを利用してIP-SANでストレージを統合した。 2007-04-05 20:02:01

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ