国立情報学研究所

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(1) プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(13)

NII、学術情報ネットワーク「SINET5」に次世代セキュリティ基盤を導入

国立情報学研究所(NII)は、学術情報ネットワーク「SINET5」に、次世代のセキュリティ基盤を導入した。次世代ファイアウォール「PA-7080」とクラウド脅威分析「WildFire」で構成される。 2017-06-20 10:44:00

国立情報学研究所、SINET向けサイバー攻撃監視・検知システムを構築

国立情報学研究所は、学術情報ネットワーク(SINET)を利用する国立大学法人等を対象としたサイバー攻撃監視・検知システムを構築した。 2017-04-17 16:21:00

国立情報学研究所とIBMによる産学連携プロジェクトの成果と課題

今回は、国立情報学研究所の喜連川優 所長と、NECの清水隆明 取締役 執行役員常務兼CMOの発言を紹介する。 2017-01-13 12:00:00

国立情報学研究所がIBMと産学連携プロジェクトを始めた思惑

今回は、国立情報学研究所の喜連川優 所長と、トレンドマイクロの岡本勝之 セキュリティエバンジェリストの発言を紹介する。 2016-03-04 12:00:00

NIIと長崎大学、SNSデータを即時に反映する観光アプリを公開

NIIと長崎大学はオープンデータ化した既存コンテンツを核とし、新たに発信された口コミなどの情報をリアルタイムに追加して拡張する「自己拡張型オープンデータプラットフォーム」を共同で研究開発し、これを活用した観光アプリケーション「ながさきロケなび」をリリースした。 2016-02-18 07:00:00

従来比1000倍速のデータベースエンジンを開発する意味―NII喜連川所長

国立情報学研究所(以下、NII)は、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の最先端理論、方法論の研究を進め、その研究成果の応用展開までを総合的に推進する機関である。2013年から所長を務める喜連川 優氏に今、始めようとしている新しい研究機関向けサービスについて話を聞いた。 2014-10-09 12:25:00

DSF、「形式手法」を開発場面に取り入れる際のノウハウを文書として公開

ディペンダブル・ソフトウェア・フォーラムは11月24日、活動成果の第1弾として、エンタープライズ市場向けのソフトウェアを対象とした「形式手法活用ガイド」をまとめ、同日より公式サイトで公開した。 2010-11-24 18:07:20

NTTデータら5企業3団体、「日本OpenStackユーザー会」を設立

NTTデータなど5企業3団体は共同で、オープンソースソフトウェア「OpenStack」のユーザー会として「日本OpenStackユーザ会」を発足させた。 2010-10-22 17:28:16

NIIとNASA、クラウド間連携で相互協力--オープンソースクラウドの品質向上など目指す

国立情報学研究所と米航空宇宙局は、双方のクラウド間の相互接続について連携を開始した。今後継続的にオープンソースクラウドの品質や機能の向上と、国際的なクラウド連携について取り組む。 2010-06-04 17:13:59

国内大手5社、システム障害低減目指して共同研究--「形式手法」に着目

国内ITベンダー大手5社は、「ディペンダブル・ソフトウェア・フォーラム」を発足させた。形式手法に着目した共同の研究開発でソフトウェアに起因するシステム障害の低減を目指す。 2009-12-22 12:56:01

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ