グローバルナレッジネットワーク株式会社

研修コース、eラーニング/ASP、各種コンテンツ開発、人財開発コンサルティングなどを中心とした教育サービス事業を展開。唯一の独立系で中立の大手IT教育サービス企業。シスコシステムズ、マイクロソフト、オラクルから優秀教育パートナーのアワードを毎年連続受賞している。 主要な研修提供方法 ■ 定期開催コース (弊社会場で開催するコースに集客) ■ 特別設定コース (お客様のニーズに合わせてカスタマイズ/講師派遣) ■ eラーニング製品提供/ASP  ■ eラーニング/各種コンテンツ開発 ■ 人財開発コンサルティング  ■ その他各種教育関連サービス【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(32) プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(13)

Windowsの歴史 Windows Server 2008 R2編:名前は「R2」でも中身は……サーバOSベンダーとしてのMSが真価を問われる製品

約半年にわたり、Windows各バージョンの歴史を振り返ってきたこの連載もついに最終回。最後に取り上げるのは、Windows 7と同時に一般販売が始まった最新のサーバOS「Windows Server 2008 R2」である。名に「R2」を冠しながらも、「単なるリビジョンアップではない」とされる同OSに隠されたマイクロソフトの戦略とは? 2009-11-06 18:40:01

Windowsの歴史 Windows Server 2008編:同じカーネルを持つ「Vista」とは対照的に早くから支持を得たサーバOS

2008年2月(日本語版は4月)にリリースされた「Windows Server 2008」は、“不遇のOS”「Windows Vista」と同じカーネルであったにもかかわらず、早くから多くの支持を得た。その理由は、Windows Vistaが「なぜ支持されなかったのか」を検討するとよくわかる。 2009-11-04 20:15:01

Windowsの歴史 Windows Server 2003 R2編:安定性と先進性の両立目指す「R2」の先駆けとなったOS

2006年に登場した「Windows Server 2003 R2」は、以前紹介したWindows Server 2003にいくつかの機能を追加したサーバOSである。あまり知名度のない製品ではあるが、実は同社サーバ製品のロードマップ上で「R2」という名称の先駆けとなったOSだ。 2009-11-02 15:02:01

Windowsの歴史 Windows 7編:Vistaの不満を解消し、XPを超える「定番OS」の地位目指す

この連載「Windowsの歴史」も回を重ね、扱う製品も過去のものからついに現在まで追いついた。今回扱うのは、2009年10月22日に一般販売が始まったばかりの「Windows 7」だ。自他共に認めるに至った「Vistaでの失敗」を繰り返さぬため、マイクロソフトが腐心したポイントはどこか。 2009-10-25 21:03:01

Windowsの歴史 Windows Vista編:UACでセキュリティ強化も結果は裏目に出た不遇のOS

クライアントOSとして長く支持された「Windows XP」の次に登場したのが「Windows Vista」である。課題となっていたセキュリティ面での機能強化などが行われたが、結果的に市場での評価は今ひとつだった。その理由はどこにあったのだろうか。 2009-10-24 23:33:00

Windowsの歴史 Windows XP編:登場から8年--多くのユーザーに使われ続けた定番Windows

ついに今回は「Windows XP」の登場だ。マイクロソフトにとって、XPはビジネス向けWindowsとコンシューマー向けWindowsの系統を統合した点で大きな意味を持っていた。発売から8年を経た今も、多くのユーザーが愛用する定番のWindowsとなっている。 2009-10-02 17:24:02

Windowsの歴史 2000時代のいろいろ編:あなたはMCPの「ベータ試験」を受けたことがあるか?

現在では当たり前となったマイクロソフトのビジネス慣習には、実はWindows 2000の登場前後から始まったものもいくつかある。今回は、当時のWindows周辺ビジネスについて振り返ってみよう。 2009-09-16 17:30:01

Windowsの歴史 NT 4.0の派生品編:標準サービスの試金石となった多彩なエディション

現在のWindows Serverに標準機能として搭載されているIIS、MTS、MSMQ、Terminal Servicesといった各種のサービスは、かつてオプションや全く別のパッケージとして提供されていたことを知っているだろうか。Windowsが企業の基幹サーバOSとして受け入れられるために必要な機能を模索する中で、Windows NT 4.0には多様な「派生品」が生まれたのだ。 2009-09-04 16:17:01

Windowsの歴史 Windows NT 4.0編:サーバOSとしての地位を確立しビジネスを盛り上げた立役者

現在でも、単に「Windows NT」と言えばバージョン4.0のことを指すと言われるほどにヒットし、サーバOSベンダーとしてのマイクロソフトの地位を確立した「Windows NT 4.0」。このOSは、それまでのNTと比べて、どこが優れていたのだろうか? 2009-08-17 13:55:01

Windowsの歴史 パートナープログラム編:新OSの普及に必要な“製品以外”のこと

Windows NTの登場と同時に、Windows NTをプラットフォームとして採用するための「仕組み」が作られた。製品を取り巻くエコシステムを稼働させるために重要な「資格」「教育」「パートナー」にまつわる各種の制度だ。 2009-07-17 22:30:01

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ