株式会社富士通研究所

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(64)

富士通研究所、照合精度と高速処理を両立させた生体情報暗号化技術を開発

富士通研究所は、従来の生体認証システムと同等の認証精度や処理速度で、生体情報を暗号化したまま認証できる技術を開発した。 2019-08-08 10:15:00

富士通研究所、アイデンティティー流通技術を開発--オンライン取引での信用判断を支援

富士通研究所は7月4日、オンライン上の取引に関わるサービス事業者や利用者に対して、取引相手の本人情報の真偽を判断可能なアイデンティティー流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したと発表した。 2019-07-10 07:19:00

富士通研究所と熊本大学、時系列データのAI利用を加速させる自動ラベル付け技術を開発

富士通研究所と熊本大学は5月10日、加速度センサーやジャイロセンサーなどの時系列データに対して、人工知能(AI)向けの教師データを簡単に作成できる技術を開発したと発表した。 2019-05-14 15:23:00

富士通研究所、電話応対のトラブル検知技術--同時発声などでも高精度

富士通研究所は3月20日、コンタクトセンターでの応対トラブルの発生をリアルタイムに検知する技術を開発したと発表した。 2019-03-25 16:18:00

富士通、ブロックチェーン応用した電力取引システム--需要応答の成功率を約4割に

富士通と富士通研究所は、ブロックチェーン技術を応用した「電力需要家間取引システム」を開発した。工場や店舗などの電力の使用者である“需要家”ごとの自家発電や節電で生み出される余剰電力を、需要家間で効率よく融通する仕組みをブロックチェーン上に適用した取引システムになる。 2019-02-07 10:59:00

富士通研究所、サイバー攻撃への対処要否を自動判断するAI技術を開発

富士通研究所はサイバー攻撃を受けた際に対処の要否を人工知能(AI)で自動判断する技術を開発した。これまで数時間〜数日間を要していた専門家による判断を、数十秒〜数分で自動かつ高精度に判断できるようになる。 2019-01-31 17:44:00

富士通、手のひらと顔情報で認証できる技術開発--2020年の実用化を目指す

富士通研究所は10月4日、手のひら静脈と顔情報のみで本人を特定し、非接触で認証できる生体認証融合技術を開発したと発表した。2020年度中の実用化を目指す。 2018-10-06 07:09:00

富士通が「説明可能なAI」の開発に注力する理由

今回は、富士通研究所の佐々木繁 代表取締役社長と、米Google CloudのPrabhakar Raghavanバイスプレジデントの発言を紹介する。 2018-10-05 10:43:00

個人データの来歴や加工履歴をブロックチェーンで一元管理--富士通研が開発

富士通研究所は、個人データの来歴情報を一元管理できるようにするブロックチェーン拡張技術「ChainedLineage」を開発した。 2018-09-27 13:13:00

富士通研、IoTへのサイバー攻撃の影響を最小化する技術を開発

富士通研究所は、IoTデバイスへのサイバー攻撃の影響を最小化するネットワーク制御技術を開発したと発表した。 2018-05-31 09:45:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]