BEA Systems Inc.

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(80)

BEA SOA 360°を日本でもお披露目--SOA基盤の提案および販売体制も強化する日本BEA

日本BEAシステムズは、「始まる、ビジネス指向のSOA」をテーマとしたカンファレンス「BEA Japan Forum 2006」を開催。2006年9月に米国で発表された新しい取り組み「BEA SOA 360°プラットフォーム」を日本でお披露目した。 2006-12-01 18:44:18

日本BEAが「BEA AquaLogic Data Services Platform 2.5J」を出荷--企業データの仮想的な統一ビューを実現

日本BEAシステムズは、「BEA AquaLogic Data Services Platform 2.5J」の出荷を開始したことを発表した。価格は、1CPUあたり758万円(税別)となる。 2006-10-25 23:58:02

日本BEA、TuxedoアプリをSOA対応にする新製品「BEA Salt 1.1」の出荷を開始

日本BEAシステムズは、C、C++、COBOLプログラミング言語を使用して開発されたBEA TuxedoアプリケーションをWebサービスを通してアクセスするためのソフトウェア新製品「BEA Salt 1.1」の出荷を、2006年10月5日より開始する。 2006-10-04 10:11:01

既存のTuxedoアプリにSOA対応という“スパイス”を聞かせる「SALT 1.1」

「BEAWorld 2006」で、TuxedoアプリをSOA 360°に導くアドオン製品「SALT 1.1」を発表したBEA Systems。同社のプロダクトマーケティング担当シニアディレクター、Mike Piech氏にSALT 1.1について話を聞いた。 2006-09-21 23:16:01

BEAWorldで新戦略「SOA 360°」を発表--SOAに全方位の視界を与えるBEA

BEA Systemsは、ユーザーカンファレンス「BEAWorld 2006 San Francisco」を開催。2000人を超える来場者に向け、BEAの新しいSOA戦略である「BEA SOA 360°」プラットフォームを発表した。 2006-09-20 23:19:01

BEA、インフラソフトウェアをSOA対応に--新製品「WorkSpace 360°」も発表

BEAシステムズは米国時間9月19日、同社のインフラストラクチャソフトウェアをサービス指向アーキテクチャ(SOA)に対応させる計画を発表した。 2006-09-20 13:54:01

日本BEA、「BEA WebLogic」製品の最新版「9.2J」を8月3日に発売

日本BEAシステムズは、ポータルフレームワーク「BEA WebLogic Portal 9.2J」、ウェブアプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server 9.2J」、開発プラットフォーム「BEA Workshop for WebLogic Platform 9.2J」の出荷を8月3日に開始する。 2006-07-31 14:30:02

日本BEA、ITと通信を融合するプラットフォーム製品の最新版を発表

日本BEAシステムズは6月14日、通信業界向けのインフラストラクチャソフトウェア「BEA WebLogic Communications Platform」を構成する新製品の出荷を、2006年6月15日より開始することを発表した。 2006-06-15 02:50:01

BEA、Interface21と共同でSpring FrameworkのJava EE 5プログラミングモデルを実装

EA Systemsは、Javaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」の専門サービスを提供するInterface21と共同で、仕様が承認されたばかりのJava EE 5に対するサポートを提供すると発表した。 2006-05-26 02:04:01

2006 JavaOneレポート--Javaのオープンソース化に反応するSOAベンダーら

2006 JavaOneで注目されたキーワードのひとつにSOAがある。このキーワードを中心に、JavaOneに参加した各社の動きを探った。 2006-05-23 13:34:02

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]