BEA Systems Inc.

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(80)

BEA、リポジトリ製品をリリース:SOAガバナンスなどに有効

日本BEAシステムズは21日、メタデータ・リポジトリ製品「BEA AquaLogic Enterprise Repository 3.0」を発表した。AquaLogic Enterprise Repository(以下ALER)は企業内のIT資産を登録し、管理/可視化を行うもの。SOAやEAの実現、内部統制といった用途に使用できる。 2007-09-21 20:45:01

SOAのさらにその先--BEAの野心的プロジェクトGENESISとは?

GENESISと呼ばれる新しいプロジェクトが披露されたBEAWorld 2007 San Francisco、BEAが2年前に、AquaLogicで本格的に取り組みを始めたSOAは、今回既にメッセージの中心ではなかった。同社エグゼクティブとの対談の中でわかったことはGENESISはSOAのさらにその先を見据え、ビジネスアプリケーションのあり方も変えようという野心的なプロジェクトだということだ。 2007-09-18 08:00:00

BEA、WebLogic Server Virtual Editionのパフォーマンスや価格モデルなど公表

9月11日(米国時間)、BEAはWebLogic Server Virtual Editionのパフォーマンスと製品ロードマップ、およびインスタンスベースの価格設定モデルを公表した。 2007-09-13 20:18:01

BEAとアドビが提携--企業にRIA開発環境を提供へ

BEAシステムズとアドビ システムズが提携し、企業顧客にRich Internet Application(RIA)の開発環境を提供する。両社による米国時間9月11日付けの発表によると、BEAが「Adobe Flex Builder 2」を「BEA Workshop Studio」にバンドルするという。 2007-09-13 13:18:01

BEA、GENESISを明らかに:BEAWorld 2007 San Francisco

米国サンフランシスコでBEAWorld 2007 San Franciscoが開幕した。開幕基調講演では同社のSOAやBPMによるコンポジットアプリケーションへの取り組みを一歩進める大きな発表が行われた。 2007-09-12 03:27:01

BEA WebLogicとJRockitに脆弱性

「BEA WebLogic」と「BEA JRockit」に、複数の脆弱性が発見された。 2007-08-30 16:52:01

ソーシャル・コンピューティングでSOAをエンドユーザーに--BEA

米BEA Systemsは、5月に発表したBEA AquaLogic Pages 1.0、BEA AquaLogic Ensemble 1.0、BEA AquaLogic Pathways 1.0という3製品によって、ソーシャル・コンピューティング・ソフトウェアという新しい分野へ進出しようとしている。同社のプロダクトマーケティング シニアディレクターであるJay Simons氏にこれらの製品がBEAに、そしてユーザーにもたらす影響について聞いた。 2007-08-22 21:09:01

BEA第2四半期決算--CEOが新製品への期待表明

BEAシステムズの最高経営責任者(CEO)によると、新たな売り上げ拡大分野を求めて、同社は新製品群の発表を計画しているという。 2007-08-20 13:47:01

出光に訊くBEAのSOAによるITの最適化--BPMの導入へチャレンジ

「情報システムは社内の効率化の旗振り役」というのは出光興産 情報システム部システム総合研究所 所長の山村俊行氏。同社では効率化のためにSOAを導入した。 2007-07-04 22:26:02

膨大なデータを意志決定に生かすために:BEA Event Server/Real Time

日本BEAシステムズは「BEA WebLogic Real Time 2.0」および「BEA WebLogic Event Server 2.0」を発表した。すでに米国などでは販売されており、バージョンは2.0だが、ともに国内では初めての販売となる。 2007-07-03 18:36:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]