Red Hat, Inc

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(285)

レッドハット、開発/小規模本番ワークロード向けにノーコスト版RHELを導入へ--Red Hat Developerプログラム

開発者向けの「Red Hat Developer」プログラムが拡大され、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」の「Individual Developer」サブスクリプションは、最大16の本番環境システムで利用可能になる。 2021-01-21 13:28:00

CloudLinux、「CentOS」の代替OSは「AlmaLinux」--今四半期リリースへ

CloudLinuxは、「CentOS」の代わりになるRHELクローンを開発する「Lenix」プロジェクトを立ち上げており、今回この代替OSの新名称「AlmaLinux」とともに、より具体的な計画を発表した。 2021-01-18 10:17:00

レッドハット、Kubernetesのセキュリティ企業StackRoxを買収へ

レッドハットは、StackRoxのセキュリティソフトウェアを「OpenShift」Kubernetesプラットフォームに取り入れる計画だ。 2021-01-08 11:15:00

「CentOS」に代わる「Rocky Linux」、2021年第2四半期に最初のリリース登場の可能性

「Rocky Linux」の開発者プロジェクトは、最初のリリースを2021年第2四半期に提供することを目指している。 2021-01-04 12:37:00

「CentOS」の開発方針変更の背景とは

「CentOS」の開発方針が変更されたのは、レッドハットの内部で長く議論されていたビジネス上の理由によるものだという。 2020-12-29 08:30:00

CloudLinuxが「CentOS」の代替目指すプロジェクト「Lenix」--年間100万ドル超投資へ

「CentOS」の開発方針変更を受け、CloudLinuxが「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)のフォークに関するコミュニティイニシィアチブの立ち上げとともに、年間100万ドル超を投資すると発表した。 2020-12-17 14:54:00

「CentOS」の開発方針変更--ユーザーの声、レッドハットの見方は

レッドハットが後援しているLinuxディストリビューション「CentOS」の開発方針が転換されることが明らかになった。今後はローリングリリース方式を取る「CentOS Stream」を中心に据え、「CentOS 8」のサポートを2021年で中止するという。 2020-12-11 17:52:00

コンテナー基盤の最新版「OpenShift 4.6」--長期サポートやエッジ対応を強化

レッドハットは11月26日、エンタープライズ向けKubernetesプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift 4.6」の概要とエッジコンピューティング/マネージドサービスの強化について発表した。 2020-11-27 11:15:00

エッジコンピューティング時代に向け、レッドハットが「RHEL」「OpenShift」強化

エッジコンピューティングの重要性が高まる中、レッドハットは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)とKubernetesがその機会を最大限に活用できるよう強化している。 2020-11-26 07:30:00

レッドハットとサムスン、サービスプロバイダー向けの5G導入支援で提携

Red Hatは、「Red Hat OpenShift」上で構築された5G(第5世代移動体通信システム)網ソリューションを提供するため、サムスンと提携することを発表した。 2020-10-22 07:54:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]