日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフトのミッションは、世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすることです。マイクロソフトは、お客様の可能性を最大限に引き出すためのお手伝いという企業ミッションに長い間取り組んでおり、自社の製品を絶えず更新、改良しているだけでなく、新たなテクノロジーの発展を加速させ、お客様によりよいサービスを提供するために、会社自体を常に進化させ、最良の状態に維持しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(3074)

GitHub、無料ユーザーもプライベートリポジトリを無制限に利用可能に

GitHubは、無料プランのユーザーに対してプライベートリポジトリを無制限に利用できるようにしたと発表した。 2019-01-08 10:02:00

「Microsoft 365」にセキュリティやコンプライアンスに関心がある法人向けの新バンドル

マイクロソフトは米国時間1月2日、「Microsoft 365」のサブスクリプションバンドルを新たに2つ、2月1日から提供すると発表した。これらは、最上位プランの「Microsoft 365 E5」をサブスクライブするには至らないが、そのセキュリティ機能やコンプライアンス機能に関心があるという法人顧客を想定したパッケージだ。 2019-01-07 10:14:00

「Microsoft Teams」の企業利用が加速--ビジネスチャット市場調査

Spiceworksの調査によると、「Slack」対抗のグループチャットアプリ「Microsoft Teams」の導入基盤が急速に拡大している。 2018-12-25 12:08:00

分離した環境で安全にアプリを実行できる「Windows Sandbox」機能が登場

マイクロソフトは、「Windows 10 19H1」に搭載される予定の「Windows Sandbox」を正式に発表した。疑わしいソフトウェアを「分離された一時的なデスクトップ環境」で実行できるという。 2018-12-20 12:49:00

マイクロソフト、定例外のセキュリティ更新で「IE」の新たなゼロデイ脆弱性に対処

マイクロソフトは、「Internet Explorer」(IE)の脆弱性に対処する定例外のセキュリティアップデートを公開した。 2018-12-20 11:29:00

マイクロソフト、「My Office」に代わる「Windows 10」向け新「Office」アプリ発表

マイクロソフトが、「Windows 10」向けの新たな「Office」アプリを発表した。「My Office」アプリを置き換えるものとなる。 2018-12-20 10:16:00

マイクロソフト、東南アジアを「Azure」の可用性ゾーンに追加

マイクロソフトは米国時間12月17日、東南アジアを「Microsoft Azure」の「可用性ゾーン」(Availability Zone)に追加したと発表した。これにより東南アジアのAzure顧客も、少なくとも3つの異なる物理ロケーションに設置されたデータセンターでホストされている同社のクラウドサービスにアクセスできるようになった。 2018-12-18 10:28:00

「Windows 10」のデータ収集で一部ユーザーが困惑、MSは用語を改善へ

このところ、「Windows 10」のデータ収集がユーザーを困惑させているが、マイクロソフトは混乱の解消に努めており、どのデータが収集されているのかを明確にするために機能の命名方法を改善することを約束した。 2018-12-17 11:52:00

マイクロソフト、「Windows」PCのマルウェア感染予測コンペを「Kaggle」で開始

マイクロソフトは、「Windows」マシンがマルウェアからのさらなる保護を必要とする際に予測できるような新たなモデルを求めている。 2018-12-17 11:20:00

MS、12月の月例パッチで「Surface Book 2」のBSOD問題にも対応

マイクロソフトは米国時間12月11日、「Windows 10」向けの月例累積アップデートを公開した。 2018-12-13 11:01:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]