日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフトのミッションは、世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすることです。マイクロソフトは、お客様の可能性を最大限に引き出すためのお手伝いという企業ミッションに長い間取り組んでおり、自社の製品を絶えず更新、改良しているだけでなく、新たなテクノロジーの発展を加速させ、お客様によりよいサービスを提供するために、会社自体を常に進化させ、最良の状態に維持しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(3074)

マイクロソフト、「Visual Studio 2019」のローンチイベントを4月2日に開催へ

マイクロソフトは、開発者向けプラットフォーム「Visual Studio」の次期メジャーバージョン「Visual Studio 2019」(VS 2019)に関するバーチャルイベントを、米国時間4月2日に開催すると発表した。VS 2019のローンチ告知ページによると、Microsoftはこのワンデーイベントで、同製品による開発者の生産性向上や、AI機能の活用がどのようなかたちで実現されるのかに焦点を当てるという。 2019-02-15 10:13:00

マイクロソフト、アンケートや投票作成ツール「Forms Pro」のプレビュー版を準備か

マイクロソフトが、テストやアンケート、投票を作成できるFormsの新版「Forms Pro」のテストを開始しようとしているようだ。 2019-02-14 12:25:00

ゲイツ夫妻、恒例の年次書簡でトイレやDNA検査キットの重要性を指摘

慈善事業に取り組むビル&メリンダ・ゲイツ財団が恒例の年次書簡を発表。DNAキットの普及やトイレの改善を訴えた。 2019-02-13 11:05:00

マイクロソフト、へルスケア分野を強化--ボットサービスや「Teams」向け機能など

マイクロソフトが医療業界向けのサービスにフォーカスしている。新たな医療関連ボットサービスや医療記録の統合機能、医療分野の従業員向けの「Teams」の機能などを追加する。 2019-02-08 11:23:00

マイクロソフト、オープンソースのコンプライアンス実現を目指す「OpenChain」に参加

マイクロソフトがオープンソースのコンプライアンス実現を目指す「OpenChain」プロジェクトにプラチナ会員として参画することが明らかになった。 2019-02-08 10:35:00

Microsoft Build 2019、2018年と同じくシアトルで開催--5月6~8日の日程で

マイクロソフトは、開発者向け年次カンファレンスMicrosoft Buildの日程を発表した。2018年と同じくワシントン州シアトルで、米国時間5月6〜8日に開催される。 2019-02-07 10:52:00

サポート終了後の「Windows 7」、有償サポートサービスの金額は

マイクロソフトは2018年秋、2020年1月14日にサポートが終了する「Windows 7」について有償でのサポート継続を望む大企業顧客に、デバイス単位での有償サービス「Windows 7 Extended Security Updates (ESU)」を提供する予定を明らかにした。同社はこのESUのコストについて、一部のパートナーと営業担当にブリーフィングを行なっている。 2019-02-06 11:40:00

マイクロソフトのナデラCEOが就任5年--実利的な取り組みや変化

ナデラ氏がマイクロソフトのCEOに就任してからの5年間で同社は大きく変化した。 2019-02-05 12:43:00

懐かしの「Windows File Manager」が「Microsoftストア」に--Windows 10対応

「Windows 3.0」に搭載されていた「File Manager」は、かねてから「Windows File Manager」としてオープンソース化されているが、新たに「Windows 10」向けのバイナリが「Microsoftストア」で公開されている。 2019-02-05 11:13:00

MS、教育分野のデータアナリティクス企業BrightBytesの「DataSense」プラットフォーム買収へ

マイクロソフトが、教育分野のデータアナリティクス関連企業BrightBytesのデータ管理プラットフォーム「DataSense」を買収すると発表した。 2019-02-05 10:27:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]