日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフトのミッションは、世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすることです。マイクロソフトは、お客様の可能性を最大限に引き出すためのお手伝いという企業ミッションに長い間取り組んでおり、自社の製品を絶えず更新、改良しているだけでなく、新たなテクノロジーの発展を加速させ、お客様によりよいサービスを提供するために、会社自体を常に進化させ、最良の状態に維持しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(2654)

マイクロソフトが“OSS on Azure”に注力する理由

米Microsoftがクラウド基盤サービス「Microsoft Azure」上でのオープンソースソフトウェア(OSS)の利用に注力している中、日本マイクロソフトがその最新状況について明らかにした。同社はなぜ“OSS on Azure”に注力するのか。 2017-11-22 11:00:00

「Windows 8」以降のセキュリティ機能に脆弱性

「Windows」に組み込まれている脆弱性緩和技術の1つ、アドレス空間レイアウトのランダム化 (ASLR) に問題点が指摘された。セキュリティ研究機関、CERT/CCが「Windows 8」以降のシステムが影響を受けると警告している。 2017-11-21 13:02:00

マイクロソフトが進めるオープンソース戦略--独自路線からの転換追求

Microsoftのクラウドやテクノロジを推し進めるだけでは、オープンソースを利用する企業やパートナー、開発者に十分な価値を提供できない――。このような危機感から、同社ではオープンソースへの取り組みを加速させている。 2017-11-20 14:10:00

「Windows Server 1803」初のプレビュービルドリリース

「Windows Server」次期機能アップデートの初となるInsiderプレビュービルド「Build 17035」がリリースされた。 2017-11-17 11:12:00

MSがMariaDB Foundationに参加--「Azure Database for MariaDB」プレビュー発表

マイクロソフトは、MariaDB Foundationにプラチナメンバーとして参加するとともに、近く登場する「Azure Database for MariaDB」のプレビューを発表した。 2017-11-16 13:27:00

MSのグローバル分散DBサービス「Azure Cosmos DB」、CassandraのAPIをサポート

マイクロソフトが、「Azure」のグローバル分散NoSQLデータベースサービス「Azure Cosmos DB」で「Apache Cassandra」のAPIをネイティブサポートすると発表した。 2017-11-16 12:40:00

リアルタイムでコーディング作業を共有--「Visual Studio Live Share」発表

マイクロソフトは、開発者がリアルタイムでコーディング作業を共有できる新サービス「Visual Studio Live Share」に関する情報を公表した。 2017-11-16 12:20:00

「Microsoft Office」に17年前からの脆弱性が発覚、月例パッチで修正

17年前に作成され、現在もシステム内に残っている「Microsoft Office」向けの実行ファイルに、遠隔でコードを実行される脆弱性が存在することが判明し、マイクロソフトがパッチをリリースした。 2017-11-16 12:04:00

MS、「Azure Databricks」発表--Apache Sparkベースのアナリティクスプラットフォーム

マイクロソフトが、Apache Sparkベースのアナリティクスプラットフォーム「Azure Databricks」を発表した。Apache Spark開発元のDatabricksと連携して設計されている。 2017-11-16 11:36:00

マイクロソフト、「Visual Studio Tools for AI」発表

マイクロソフトがAI開発者やデータサイエンティスト向けに「Visual Studio Tools for AI」を発表した。「Microsoft Cognitive Toolkit」「Tensorflow」などの深層学習フレームワークをサポートしている。 2017-11-16 10:38:00

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ