日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフトのミッションは、世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすることです。マイクロソフトは、お客様の可能性を最大限に引き出すためのお手伝いという企業ミッションに長い間取り組んでおり、自社の製品を絶えず更新、改良しているだけでなく、新たなテクノロジーの発展を加速させ、お客様によりよいサービスを提供するために、会社自体を常に進化させ、最良の状態に維持しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(3470)

「Windows 10」テストビルドでWSLに対する「Fileエクスプローラー」統合が追加

「Windows 10」の最新テストビルドでは、「Fileエクスプローラー」の「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に対する統合が含まれている。 2020-04-09 13:42:00

マイクロソフト、「Folding@home」の新型コロナ分析に協力するPowerShellスクリプトを公開

マイクロソフトは、「Windows 10」ユーザーが「Folding@home」の新型コロナウイルス分析活動に簡単に参加できるPowerShellスクリプトを公開した。 2020-04-08 13:18:00

マイクロソフト、「Teams」のセキュリティをアピール--「Zoom」に批判集まる中

セキュリティとプライバシーをめぐってビデオ会議のZoomが激しい批判にさらされている中、マイクロソフトが「Microsoft Teams」のプライバシーやセキュリティ機能について紹介している。 2020-04-08 12:01:00

マイクロソフト、危険なドメイン「corp.com」を購入--悪用を防ぐ

マイクロソフトがcorp.comというドメイン名を、悪用防止のために購入したことが分かった。 2020-04-08 11:32:00

マイクロソフトが手軽なビデオ通話向けに「Meet Now」機能を追加--「Zoom」対「Skype」の行方は

多くの人がこれまで頼りにしていたビデオ会議ツールは、ユーザー数が過去1カ月に爆発的に増加した「Zoom」だ。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大でソーシャルディスタンスを強いられていることから、マイクロソフトの「Skype」の利用も急増している。 2020-04-07 12:44:00

マイクロソフト、「Emotet」感染による顧客ネットワークの停止事例を公開

マイクロソフトは米国時間4月2日、サイバーセキュリティソリューショングループ内のチームである「Detection and Response Team(DART)」が扱った事例を紹介する、2本目となるレポートを公開した。 2020-04-06 11:05:00

マイクロソフト、ノーコードのモバイル向け「Power Apps」のベータ版を公開

マイクロソフトは、「iOS」と「Android」向けにモバイルアプリ「Power Apps」のプレビュー版を公開した。キャンバスアプリとモデル駆動型アプリの両方を利用できる。 2020-04-03 10:53:00

日本IBM幹部が語る「在宅勤務のセキュリティリスク」

今回は、日本IBMの纐纈昌嗣 執行役員と、日本マイクロソフトの山崎善寛Microsoft 365 ビジネス本部長の発言を紹介する。 2020-04-03 10:30:00

レノボ、「Azure Stack HCI」ソリューション活用の新エッジサーバーなど発表

レノボの「Lenovo ThinkAgile MX1021」と「ThinkSystem DM7100」は、「Microsoft Azure」やエッジに接続するとともに、統合されたデータティアリングを実現するよう設計されたシステムだ。 2020-04-02 14:04:00

Slack、「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリース

Slackが「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリースした。 2020-04-02 11:50:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]