株式会社日立製作所

ハードウェア、ソフトウェア、情報機器、システム、サービスにいたるまで、幅広く製品・ソリューションを提供しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(2) プレスリリース(10) トピックス(0)   製品(3)
  • この企業・団体の記事(570)

日立、運用管理ツール最新版「JP1 Version 12」--RPAの統合管理が可能に

日立製作所は、総合システム管理ソフトウェアの最新版「JP1 Version 12」を1月23日に発売する。IT環境全体の運用データを一元管理し、目的や立場に合わせて必要な情報と関連付けて可視化できるようになったほか、RPAが実行する定型業務などクライアント環境における業務実行を自動化できるようになった。 2019-01-22 13:00:00

日立、AR技術を利用した鉄道車両向けボルト締結作業管理システムを開発

日立製作所はYAMAGATA、京都機械工具とともに、鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発したと発表した。 2019-01-21 06:00:00

野村證券、営業店・本社の通話録音データをテキスト化--顧客への応対品質を向上

野村證券は、全国約160ヵ所の営業店や本社で利用する約2万6000台分の電話機の通話録音データを自動でテキスト変換するシステムを構築した。顧客への応対品質向上と通話モニタリングの効率化を支援する。 2018-12-21 12:09:00

日立、制御システムのソフトを高速変更する技術開発--自動運転などに活用

日立製作所と日立オートモティブシステムズは、12月12日、産業機器や自動車の自動運転用に、ソフトウェアにより制御システムの機能を柔軟に変更することができるミドルウェア技術を開発したと発表した。 2018-12-17 12:16:00

日立、調達業務支援サービスを発売

日立製作所は、米JAGGAERと同社のS2Cアプリケーションについて販売代理店契約を締結し、同アプリケーションを日立の導入ノウハウと組み合わせ「TWX-21 Source to Contractサービス」として提供を開始した。 2018-12-11 18:15:00

大規模データの匿名加工処理を約100倍に高速化--東大と日立が新技術を共同開発

東京大学 生産技術研究所(東大生研)と日立製作所は11月20日、大規模データの匿名加工処理を高速化する技術を共同で開発したと発表した。 2018-11-28 08:14:00

日立、設備点検などで音を基に稼働状態を認識できるAI技術を開発

日立製作所は、雑音に影響されず音から状態を高精度に認識する人工知能技術を開発した。 2018-11-09 06:00:00

事業戦略にあわせて人材管理もグローバル化にかじを切った日立の真剣

グループ全体で30万人以上の従業員を抱える日立製作所の海外売上比率は50%を超えようとしている。グローバルの事業戦略にあわせて同社グループは人材管理の仕組みもグローバルに転換しようとしている。真意はどこにあるのか。 2018-11-04 08:00:00

シスコが異業種企業との提携を積極的に進める理由

今回は、シスコシステムズの鈴木和洋 代表執行役員会長と、日立製作所の桃木典子 働き方改革ソリューション推進本部長の発言を紹介する。 2018-11-02 11:04:00

NECと日立、富士通--「統合セキュリティ人材モデル」を策定---14種類の人材像を体系化・標準化

NEC、日立製作所、富士通は、実践的なスキル・ノウハウを持つサイバーセキュリティ技術者の共通人材モデル「統合セキュリティ人材モデル」を策定し、セキュリティベンダー向けに公開した。 2018-10-29 09:58:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]