三井情報株式会社

  • この企業・団体の記事(29)

三井情報、 Box上でAIの自動タグ付け機能を提供

三井情報(MKI)は、クラウドストレージ「Box」にアップロードしたコンテンツに、人工知能(AI)で自動タグ付けする機能「AI Auto-Tagging for Box」の提供を開始する。開発者向けのツールキット「Box Skills Kit」と連携したサービスとして利用できる。 2020-02-07 13:07:00

三井物産、電子署名ツール「DocuSign eSignature」を全社導入--国内拠点約5800人が利用

三井情報(MKI)は全社標準の電子署名ツールに「DocuSign eSignature」を採用した。ペーパーレス化の一環として、国内拠点に在籍する約5800人が利用する予定だ。 2019-12-20 11:42:00

三井物産、国内ERPを「SAP S/4HANA」へ移行--来夏の本番稼動を予定

三井情報(MKI)は、三井物産の統合基幹業務システム(ERP)を「SAP ERP」から「SAP S/4HANA」に移行するプロジェクトを開始した。現在、国内拠点とグループ会社9社の約8000人が利用している。 2019-11-13 16:30:00

MKI、国内で稼動している全基幹システムをクラウド化

三井情報(MKI)は、グループの基幹システムをクラウドへ移行するプロジェクトを開始したと発表した。12月中の本番稼動を目指す。 2019-06-14 14:44:00

MKI、「SAP S/4HANA」の移行支援体制を強化--インド企業と協業拡大

三井情報(MKI)とインドのTech Mahindra(TechM)は5月22日、「SAP S/4HANA」への移行支援体制強化に向けて協業を拡大すると発表した。日印の両社の拠点において共同で開発や導入プロジェクトに当たり、日本企業のSAP S/4HANAへの移行を支援していく。 2019-05-24 17:36:00

MKI、テレワーク向けにビデオ会議サービスを開始

三井情報(MKI)は、「MEDACA ビデオ会議コミュニケーションサービス(MEDACA)」の提供を開始した。 2019-05-24 10:06:00

AIの実業適用でコンソーシアム設立--CTCやTIS、富士通など11社参加

AIのビジネスでの利用促進を目的とした「AIビジネス推進コンソーシアム」が設立された。AI分野でのアプリケーションやサービス開発、実証実験などに関わる企業が参画し、関連するノウハウを相互に共有して連携を図っていく。 2017-12-14 07:00:00

MKI、ホテルの客室テレビを活用したコンテンツ配信サービスを運用開始

三井情報(MKI)は9月15日、観光・インバウンド向けのコンテンツ配信サービスを8月から本格的に運用開始した。三井物産の協力を得て、三井不動産ホテルマネジメントが運営する「ミレニアム三井ガーデンホテル東京」の客室テレビを活用し、宿泊客向けに観光名所や名産物の情報を提供する。 2017-09-19 17:14:00

移行ツール活用で21台のサーバ移行を実働1人、1カ月強で完了

独立系ITサービス企業のアイルは、外部データセンター(DC)で運用していた社内向けの物理/仮想サーバ群21台をパブリッククラウド環境に移行する際、ライブマイグレーションツール「CloudEndure」を活用して、実働1人で1カ月強の短期間で完了させた。 2017-08-18 14:46:00

三井情報、マネージド型ネットワークサービス「M-ANVO」を提供

三井情報(MKI)は3月31日、マネージド型ネットワークサービス「MKI-Acme Network eVOluter(M-ANVO)」を提供開始すると発表した。 2017-04-03 16:29:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]