合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン)

  • この企業・団体の記事(56)

ベリサイン、OpenIDを大いに語る--builder tech day

電子認証の最大手ベリサインがOpenIDのメリットを説明した。 2008-03-06 16:12:02

builder tech day開催中--前半の顔ぶれを紹介

builder初のイベントでSix Apart、Mozillaのキーパーソンが”オープン”について話している。 2008-02-28 17:54:01

日本ベリサイン、ドメイン認証SSLサーバ証明書を販売する新会社を設立

日本ベリサインは、同社の100%子会社であるソートジャパンの社名を日本ジオトラストに変更した。新会社では、ジオトラストブランドのドメイン認証SSLサーバ証明書の提供を行う。 2008-02-14 17:57:01

「情報入力させるサイトはSSL対応とするべき」が半数に--ベリサイン調べ

情報を入力させるウェブサイトは必ずSSL対応とするべき――。日本ベリサインは、「インターネットユーザのインターネットセキュリティに関する意識調査」の結果を発表した。 2007-11-20 20:38:01

SaaSならではの迅速な導入と強固なスパム処理「Postini メールセキュリティサービス」

手を変え品を変え、日々新たな手法で送りつけられる大量のスパムメール。その対策は、どうしても後手に回りがちだ。スパム対策を中心としてメール暗号化やアーカイビング、インスタントメッセンジャーなどのセキュリティを提供するSaaS(Software as a Service)型コミュニケーション・セキュリティ「Postini メールセキュリティサービス」は、ワールドワイドで膨大な数のユーザーが利用しており、最新のスパムの手法に迅速な対応が可能となっている。SaaS型ならではの利点である、ハードウェアの管理などを気にかける必要もなく、すぐに利用を開始できるといった点などについて話を伺った。 2007-08-27 16:00:00

日本ベリサイン、「ベリサインセキュアメールID」に有効期限2年の電子証明書を追加

日本ベリサインは、企業向けの電子メール署名用電子証明書「ベリサインセキュアメールID」において、有効期間2年間の証明書を提供すると発表した。税込み価格は35万700円となる。 2007-05-30 18:56:01

ベリサイン、“今まで以上の信頼性を証明する”EV SSL証明書の国内提供を開始

日本ベリサインは、取得審査が従来よりも厳しいExtended Validation(EV)SSL証明書「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」の国内企業/組織向け提供を開始した。 2007-03-29 12:47:01

ベリサインとネットムーブ、個人向け二要素認証ソリューションを提供

日本ベリサインとネットムーブは個人ユーザー向け認証ソリューション分野で協業すると発表した。両社は個人でも利用可能な二要素認証サービスを2007年5月に提供開始する。 2007-01-26 09:04:01

EPCglobalの物流実験参画で国内IT4社がコンソーシアム設立--IIJなど

NTTコムウェア、IIJ、日本オラクル、日本ベリサインの4社は、RFID標準化団体であるEPCglobalが実施する国際物流の実証実験において、共同で標準化の仕様に準拠したRFIDシステムを構築する。 2007-01-25 15:10:01

JPRと韓国パレットプール、リターナブル容器をRFIDで個体管理するサービス

日本パレットレンタルと韓国パレットプールは、日本ベリサインの協力によりEPCglobalネットワークに対応したRFIDレンタルパレット・サービスの共同運用を開始する。パレットを個体で管理することで、紛失の防止や運用の効率化を図る。 2007-01-23 22:52:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]