日本ヒューレット・パッカード株式会社

  • この企業・団体の記事(524)

シフトレフトが重要:HPE、IoT活用支援でゲートウェイなど提供--検証施設も開設

HPEはIoT向けのゲートウェイとコンバージドシステムの新製品の発売を開始した。東京本社内に実機で検証できる施設を開設し、製品だけでなくIoT導入を支援する体制も整備した。 2016-10-24 16:21:00

エントリモデルでシェアを守りハイパーコンバージドへ--HPEサーバ戦略を分析

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は、ストレージ製品のローエンドを補強する2つの新製品を国内で同日出荷すると発表した。この日開催した発表会から、HPEのサーバ戦略を分析してみる。 2016-08-30 07:30:00

HPE、ストレージ新製品を2種追加--SDSやハイブリッドエントリモデルなど

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は、ストレージの新製品「StoreVirtual 3200」と「MSA 2042」の販売を開始した。 2016-08-26 15:11:00

ネットワークエリアを店舗全体に拡大--北雄ラッキーが無線LANを刷新

北雄ラッキー(北海道)は、本社と本部機能を置く星置駅前店をはじめ10店舗で無線LAN環境を構築。これまで事務所内に限られていたネットワークエリアを店舗内全体に拡大した。 2016-07-04 15:53:00

HPEがコンポーザブルアーキテクチャで先駆けた「Synergy」

2015年11月に再出発したHewlett Packard Enterprise(HPE)が最初に打ち上げたのが「HPE Synergy」、コンポーザブルアーキテクチャを具現化したソリューションだ。 2016-05-02 07:30:00

HPE、アプリ性能監視SaaSにモジュール追加--ソースの行単位で問題を特定

日本ヒューレット・パッカードはアプリケーションの性能を監視するSaaSに新モジュール「HPE AppPulse Trace」を追加した。問題がある箇所をソースコードの行や動作サーバのレベルで正確に突き止められるという。 2016-04-26 12:41:00

OpenStack商用ディストロを売る各社の狙い--Red Hat、HPE、Mirantisの場合

オープンソースの商用ディストリビューションといえば、どれも同じように見えるかもしれないが、細かく見ていくと違いがあることが分かる。Red Hat、Mirantis、Hewlett-Packard EnterpriseのOpenStackディストロを解剖してみた。 2016-02-24 07:00:00

HPE、ハイブリッドネットワークの運用業務を支援する通信事業者向け新製品

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2月18日、物理と仮想のネットワークが共存するハイブリッド環境の運用管理を支援する通信事業者向けの新たなソリューション「HPE Service Director」を発表した。 2016-02-19 07:30:00

HPE、リソースプールを自由に切り出せる新基盤「Synergy」を発表

日本ヒューレット・パッカード(HPE)が発表した「HPE Synergy」は、同社が提唱する“コンポーザブルインフラストラクチャ”を採用する新たなプラットフォーム。ワークロードにあわせてリソースを可変的に切り出し、組み立てられる。 2016-01-28 07:00:00

加速するオールフラッシュ化、HDDを逆転--HPEのストレージ事業

日本ヒューレット・パッカードは、「オールフラッシュストレージデータセンターを実現する製品群」と位置付けるフラッシュストレージ「HPE 3PAR StoreServ」シリーズのラインナップを拡充した。 2015-12-16 15:17:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]