日本オラクル株式会社

企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェアならびにそれらの利用を支援する各種サービスの提供 【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(1270)

オラクル、クラウドAIを開始--「ゴールは普段の仕事使い」と責任者

OracleがAI新サービス「OCI AI」を開始した。サービス責任者は、「他社を圧倒するより普段の業務に使うサービスを目指している」と話す。 2021-11-22 11:10:00

パーソルキャリア、転職サービスの基幹データベースをハイブリッドクラウド化

パーソルキャリアは、転職サービス「doda」の基幹データベースをオラクルのクラウドサービスやアプライアンスサービスでハイブリッドクラウド化させる。 2021-11-17 14:36:00

10倍の性能向上--アドネットワーク企業がOCIのMySQLデータベースで分析を高速化

ファンコミュニケーションズは、同社のアフィリエイトネットワークサービス「A8.net(エーハチネット)」のデータ分析基盤として「Oracle MySQL Database Service HeatWave」を導入した。 2021-11-16 11:26:00

クラウドフレアとオラクルが提携--データ転送料金の削減とマルチクラウド環境への移行めざす

オラクルは不必要なデータ転送料の廃止を約束する最新のクラウドプロバイダーとしてBandwidth Alliance(帯域幅アライアンス)に加盟した。クラウドフレアが発表した。 2021-11-12 15:53:00

Honda、調達変革にオラクルのクラウドERP採用--経営資源を最適化

本田技研工業(Honda)は、国内における間接材の調達コストの最適化と業務効率向上を目的として、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」の調達管理システム「Oracle Fusion Cloud Procurement」を採用した。日本オラクルが発表した。 2021-11-12 15:16:00

基幹システムユーザーが多いオラクルに求めたい「基幹クラウド率推移の明示」

企業向けIT市場では、基幹システムの刷新が大きな課題となっている。その急先鋒が「クラウド化」だが、市場の動きが分からない。Oracleに今後、自社の事業動向から「基幹クラウド率の推移」を明示してもらいたい。 2021-11-11 10:43:00

イトーキ、次世代の経営基盤にクラウドERPを選択

イトーキは、業務プロセス改善と経営資源の最適化を実現するため、次世代の経営基盤に「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning」を採用した。 2021-11-09 15:04:00

基幹システムのクラウド化は現実的方法で--日本オラクルの三澤社長

日本オラクルの三澤智光社長がクラウドビジネスの現状を説明し、ミッションクリティカルシステムにクラウド化などに言及した。 2021-11-05 16:34:00

AIが開発すべきスキルを提案--オラクル、キャリアの課題を改善するソリューション

日本オラクルは、コロナ禍のキャリアに対する意識変化や職場におけるAI活用に関する調査「AI@Work」の結果を発表するとともに、同社のAI/HCMソリューションを紹介した。 2021-11-05 11:21:00

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド化で協業強化

NECと日本オラクルはクラウド領域での協業を強化し、企業や公共組織の基幹システムのクラウド移行と最適化を図る取り組みを広げる。 2021-10-28 13:36:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]