日本オラクル株式会社

企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェアならびにそれらの利用を支援する各種サービスの提供 【ZDNet Japan企業情報センターより】

  • この企業・団体の記事(1163)

コロナ禍にある企業活動の全域を網羅--日本オラクル、二桁成長のSaaS事業をアピール

日本オラクルは8月4日、SaaS事業の最新動向に関するオンライン説明会を開催した。 2020-08-05 07:00:00

防衛医科大学校、オラクルのクラウド型ファイル共有サービスを導入

防衛医科大学校は、同医学教育部の約1000人の教官・学生がオンライン授業を行う学習教材のオンデマンド配信とレポートの共有基盤に、クラウド型ファイル共有サービス「Oracle Content and Experience」を導入した。 2020-07-31 15:15:00

鹿島建設、人材管理SaaSで人材育成の戦略的基盤を構築

鹿島建設は、VUCA時代に必要となる俊敏性を備えた戦略的な人材管理・育成の実施を目的に、オラクルの人材管理SaaS「Oracle Cloud HCM」 の「Oracle Learning」を採用した。 2020-07-29 18:45:00

オラクルが「オンプレミスでパブリッククラウドを利用できるサービス」に注力する理由

日本オラクルが自社のパブリッククラウドと同等の機能を、オンプレミスで利用できる新たなサービスの提供を始めた。米Oracleに続いて日本でもすぐに発表した形だが、Oracleはこのビジネスモデルに強いこだわりがあるようだ。 2020-07-21 10:21:00

住江織物、グループ経営の国際化対応を強化--連結管理ツールをクラウドで構築

住江織物は、クラウド型経営管理ツール「Oracle Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を採用した。海外を含む多拠点の業績情報を可視化し、経営判断を迅速化する狙いがあり、月次連結管理を実現する仕組みを構築・稼働した、アットストリームコンサルティングがシステムの構築を支援した。 2020-07-15 16:36:00

日本オラクル、「Dedicated Region Cloud@Customer」を提供開始--顧客DC内に専有リージョン

日本オラクルは7月13日、パブリッククラウド「Oracle Cloud」と同等のサービスを顧客のデータセンター内に構築する「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」の提供を開始した。 2020-07-14 07:00:00

野村総研、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」で自社DC内に専用リージョンを構築

日本オラクルは7月9日、野村総合研究所(NRI)が世界で初めて「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を採用したと発表した。 2020-07-13 07:20:00

小樽商科大学、オンライン授業の配信基盤をオラクルのIaaSで構築

小樽商科大学は、学生2290人のオンライン授業の配信基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を採用した。 2020-06-30 17:07:00

オラクル、「Clinical One Data Collection Cloud Service」を発表

Oracleは、Clinical One Data Collection Cloud Serviceを発表した。同サービスは、eClinicalテクノロジー関連サービスを扱う「Oracle Health Sciences」のソリューションとして提供される。 2020-06-22 20:00:00

オラクル、財務計画・シナリオモデリングツールを無償提供

Oracleは予算管理ソフトウェア「Oracle Planning Cloud」の既存ユーザーに対し、「Strategic Modeling」を含む「Oracle Financial Statement Planning」を無償提供している。期間は、5月13日~2021年4月30日。 2020-06-02 17:50:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]