株式会社東芝

掲載情報:   ホワイトペーパー(2) イベント情報(0)   プレスリリース(5) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(77)

東芝、一般的なPCで高速に群集人数を計測するAIを開発

東芝は、カメラ画像に映る群集の人数を一般的なPCで高速に計測する画像解析AIを開発した。従来手法と比べて約4倍のスピードでカメラ画像を解析するという。 2020-06-18 15:14:00

東芝、自動車やドローンの動きを予測するAIを開発

東芝は車載カメラと、動きを検知する慣性センサーを用いて、自車両の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と、さまざまな交通シーンで周辺車両の動きを予測する「他車両の動き予測AI」を開発した。 2020-06-05 18:32:00

新会社「東芝データ」設立--“スマートレシート”でデータビジネスに本格参入

東芝は2月3日、データを価値ある形に変え、実社会に還元していく新会社「東芝データ」を設立したことを発表した。 2020-02-04 12:18:00

東芝、日本人ゲノム解析ツールを用いたゲノム解析サービスを開始

東芝は、日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ」の新ラインアップとして「ジャポニカアレイNEO」を用いたサービスを開始。同サービスには、個人間の遺伝情報におけるわずかな違い「SNP」が増強されている。 2019-12-02 16:31:00

東芝、列車遅延リスク評価アルゴリズムを開発--鉄道会社の負担を軽減

東芝は、鉄道会社が全ての列車の遅延確率を算出する列車遅延リスク評価技術を開発。従来、頻繁には起こらない2次遅延を正確に評価するには膨大なシミュレーションが必要となり、鉄道会社の負担が重くなっていた。 2019-10-08 16:53:00

製造工場の欠損データから品質低下・歩留悪化の要因特定--東芝がAIアルゴリズム開発

東芝と統計数理研究所は8月2日、収集した製造データに多くの欠損値が含まれている場合でも、品質低下や歩留悪化などの要因を高速・高精度に特定する機械学習アルゴリズム「HMLasso」を開発したと発表した。 2019-08-02 14:52:00

理研とIT大手3社の共同研究で日本のAI技術を結集せよ

理化学研究所(理研)とIT大手3社がAI(人工知能)技術の共同研究体制を発表した。果たして、世界に渡り合える日本のAI技術を生み出すことができるか。 2017-03-16 12:02:00

東芝はコアコンピタンスを失った--分社化は正しい策でないと経営学者が警告

東芝の課題と今後の対策について助言した。 2017-01-25 07:00:00

米特許取得、IBMが24年連続で1位--キヤノン3位、ソニー10位

2016年の米国特許取得件数ランキングで、IBMが24年連続で首位に立った。一方で、上位の日本企業の多くは取得件数を減らしている。 2017-01-11 09:12:00

由比ヶ浜の観光情報やSNSのリアルタイム表示--東芝のサイネージ事業

どの地区でSNSへのつぶやきか多いかをリアルタイムで地図上に表示。さらに時間軸を組み合わせることで電車などの運行状況も表示できる。 2016-12-22 07:30:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]