独立行政法人情報処理推進機構

独立行政法人情報処理推進機構は、IT分野における国家レベルの計画やビジョンに盛り込まれた各種施策を実施する中核機関として事業を実施します。 具体的には、(1)ITの安全性向上に向けた情報セキュリティ対策の強化、(2)情報システムの信頼性向上に向けたソフトウェアエンジニアリングの推進、(3)IT人材育成の戦略的推進、(4)開放的な技術・技術標準の普及及びソフトウェア利用者の利便性向上のための環境整備、を重点施策として取り組んでいます。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(1) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(257)

「パスワードリスト攻撃」の多発で危ぶまれるオンライン本人認証--IPA調査

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは8月5日、パスワードリスト攻撃によるネットサービス被害が深刻になっていることを受け、安全なオンライン本人認証の実現を目的とし、その実態を調査し「オンライン本人認証方式の実態調査」報告書として公開した。 2014-08-07 07:00:00

IPA、夏休みの情報セキュリティについて注意を喚起

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは8月6日、夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起を掲載した。 2014-08-06 17:43:00

IPA、「Windows Server 2003」からの移行を呼び掛け--事業継続上のリスクに

情報処理推進機構(IPA)は、2015年7月15日にサポートが終了する「Windows Server 2003」のユーザー企業に向けてバージョンアップを呼びかける注意喚起を発表した。 2014-07-09 07:30:00

医療機器のセキュリティ脅威が顕在化--IPA調査

独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンターは、IT化が進む組込機器における情報セキュリティ調査の一環として、医療機器を対象とした調査を実施、4月16日に調査結果を発表した。 2014-04-17 07:30:00

IPA、ソフトウェアの品質を確認するガイドライン--CSAJ、認証制度を展開

情報処理推進機構(IPA)とコンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「ソフトウェア品質説明のための制度ガイドライン」と同ガイドラインに準拠した「パッケージソフトウェア品質認証制度(PSQ)」を発表した。 2013-06-12 17:58:00

IPA、非機能要求グレードの研修教材をCCラインセンスで公開

IPAは3月11日、システム基盤に対する信頼性や性能、セキュリティなどの非機能要求を定義する手法である「非機能要求グレード」の研修教材を、自由にカスタマイズできる形で公開した。 2013-03-11 16:53:00

IPA、長期休暇のセキュリティで注意喚起--夏休み後も安全に業務を回すために

IPAは、夏休みの長期休暇中でのセキュリティについての注意喚起を発表した。 2012-08-10 16:28:00

ソフトウェア品質監査制度に向けた取り組み--ソフトウェア品質をどう担保するか

IPAの「ソフトウェア品質監査制度」は、ソフトウェアの品質説明力の強化を目的としている。最終回となる今回は、実施に向けた具体的取り組みを紹介する。 2012-05-24 16:02:00

ソフトウェア品質監査制度の運用と課題--ソフトウェア品質をどう担保するか

IPAが取り組んでいる「ソフトウェア品質監査制度」は、産業界におけるソフトウェアの品質説明力の強化を目的としている。今回は運用上の課題を取り上げたい。 2012-04-16 12:48:00

Rubyが国際規格として承認--日本発のプログラム言語で初めて

プログラム言語のRubyが国際規格「ISO/IEC 30170」として承認された。ISO/IECのプログラム言語規格分野で日本発の言語が承認されたのは初めてになる。 2012-04-02 16:24:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]