サン・マイクロシステムズ株式会社

ネットワーク・コンピューティングの基盤となるコンピュータ・システム、ソフトウェア、関連機器および保守・教育等各種サービスの販売【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(12) イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(202)

オラクルのサン買収:ガートナー亦賀氏「個別製品ではなくシステムの時代」

「違和感はそれほどなかった」――。ガートナー ジャパンのバイス プレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏は、OracleによるSun Microsystems買収にそれほど驚くことはなかったという。 2009-04-21 22:24:02

オラクルのサン買収:識者の見解をまとめる

オラクルによるサン買収のニュースから一夜明けた4月21日。今回の買収について各界の識者がZDNet Japanに寄稿してくれた。本稿では4月21日に掲載されたオラクルとサンの記事をまとめている。 2009-04-21 22:20:01

オラクルのサン買収は開発の現場にどう影響するか

オラクルのサン買収に関わる現場の懸念:Javaのオープン性を維持するのか、GlassFish、NetBeans、MySQL、VirtualBoxなどのミドルウェア製品群やオープンソースソフトウェアの先行きは。―― 2009-04-21 21:42:01

IBMを目指すオラクルの覚悟

オラクルはサン・マイクロシステムズを買収することでハードウェア製品を獲得する。しかし、サンのビジネスが傾いた原因もハードウェア、特にSPARCというシリコン製品の開発にあると筆者は考えている。 2009-04-21 20:32:01

オラクルによるサン買収でオープンイノベーションは死ぬか

オラクルは伏兵であった。そもそも、サンの買収劇を単にサーバマーケットのシェア争いとしてのみ見てしまうと、オラクルという名前すら出てこない。仮にサーバマーケットの呪縛から逃れたとしても、オラクルが伏兵たり得る理由がさらに2つある。 2009-04-21 13:06:01

ソフトベンダーという殻を破り始めたオラクル、注目は「今後」のM&A戦略

オラクルはサン・マイクロシステムズを獲得することで、ソフトウェアベンダーから総合ITベンダーに脱皮する。ソフトウェアという「たが」が外れるオラクルの、今後のM&A戦略にこそ注目すべきである――こう語るのはジャーナリストの大河原克行氏だ。 2009-04-21 13:02:01

オラクルのサン買収で富士通はどうなる?

富士通にとって、サン・マイクロシステムズの買収先がIBMではなくオラクルだったのは、“不幸中の幸い”だったのではなかろうか。 2009-04-21 11:21:01

オラクルのサン買収:UNIXと共に歩んだ両社の昔話

オラクルがサンを買収する――このニュースを各界の識者が解説するのが本企画「オラクルのサン・マイクロシステムズ買収を考える」だ。今回はグローバルナレッジネットワーク取締役技術担当の横山哲也氏に両社の昔話を寄稿してもらった。 2009-04-21 10:57:01

ラウンドアップ:オラクル、サン買収に至るまでを振り返る

オラクルがサンを買収することで、両社は最終合意に達したと発表された。IBMがサンを買収すると見られていただけに、今回の発表は驚きをもって受け入れられるに違いない。サンを巡る動きをまとめた。 2009-04-20 22:54:01

オラクル、サンの買収で最終合意

オラクルがサン・マイクロシステムズを買収することで最終合意に達したことを発表した。1株あたり9.50ドル、総額は56億ドル程度になる見込みだ。 2009-04-20 21:31:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]