ガートナージャパン株式会社

掲載情報:   ホワイトペーパー(2) イベント情報(0)   プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(242)

ガートナー、CXに影響をもたらす先進テクノロジーのトレンドトップ5を発表

ガートナー ジャパンは、今後3年間で企業のカスタマー・エクスペリエンス (CX) プロジェクトに大きな影響をもたらす先進テクノロジーのトレンドのトップ5を発表した。 2020-01-29 06:00:00

マネージャーの定型業務の69%は自動化される--Gartner予測

Gartnerによれば、2024年までにマネージャーの定型業務の69%は自動化されるという。 2020-01-24 11:50:00

国内CRM市場では効果的なCXの機能に関心集まる--ガートナー調査

ガートナー ジャパンは、「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。 2019-11-29 06:00:00

エッジで分散するコンピューティングはその先に「集中」へ向かうのか

ガートナーが先ごろ発表した「2020年の戦略的テクノロジートレンド・トップ10」の中で、「エッジ機能の拡張」と「分散型クラウド」に注目し、それらの「分散」化の先にあるコンピューティングの姿を探ってみた。 2019-11-21 10:15:00

ガートナー、2020年以降重要な「戦略的展望トップ10」発表

ガートナーは、2020年以降に向けた重要な戦略的展望トップ10を発表した。 2019-11-19 06:00:00

2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移--ガートナー予測

ガートナーは、日本のIT支出について2023年まで年平均1.9%増で推移すると予測した。消費税の増税やOSのサポート終了、働き方改革に伴う業務効率化などへの対応を背景に、2019年の前年比成長率が3.0%に達する見通しで、2020年には前年の反動から0.9%にとどまるものの、2023年には29兆円に達するとしている。 2019-11-13 16:12:00

IoT・AI・ブロックチェーンなどが幻滅期--ガートナー、2019年版ハイプサイクルを発表

ガートナー ジャパンは10月31日、日本における2019年のテクノロジーのハイプサイクルを発表した。「モノのインターネット(IoT)」や「人工知能(AI)」「ブロックチェーン」といった技術が「幻滅期」に位置付けられる一方で、「第5世代移動通信システム(5G)」は「過度な期待のピーク期」に入ったと評価された。 2019-10-31 13:32:00

「IT部門はビジネス拡大に寄与せず」と考える経営トップが多数--ガートナー調査

ガートナーは、日本のIT部門部長職以上を対象に実施した、IT部門の活動やIT投資に関する調査結果を発表した。 2019-10-31 06:00:00

クラウド時代のデータバックアップのあり方とは

今回は、ヴィーム・ソフトウェアの古舘正清 執行役員社長と、ガートナー ジャパンの山野井聡マネージングバイスプレジデントの発言を紹介する。 2019-09-20 11:16:00

ガートナー、先進技術のハイプサイクルを発表--センシングとモビリティーなど5つのトレンド

ガートナー ジャパンは8月29日、2019年版の先進テクノロジーのハイプサイクルを発表した。2000を超えるテクノロジーを分析した上で知見を抽出し、2019年版では29の先進テクノロジーと5つのトレンドを簡潔にまとめ、提示している。 2019-09-04 07:05:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]