SAS Institute Japan株式会社

  • この企業・団体の記事(131)

三菱UFJニコス、「SAS CI 360」で債権回収を高度化--実証実験を開始

SAS Institute Japanとアビームコンサルティングは3月24日、三菱UFJニコスの債権回収業務の高度化に向けて「SAS Customer Intelligence 360(CI 360)」を活用した実証実験を開始したと発表した。 2020-03-24 12:21:00

データサイエンティストの育成サービスに注力するSASの思惑

今回は、SAS Institute Japanの堀田徹哉 代表取締役社長と、マカフィーの櫻井秀光セールスエンジニアリング本部長の発言を紹介する。 2020-02-14 10:08:00

ふくおかFG、非対面チャネルでの顧客対応を強化--顧客行動を分析して離脱を抑止

ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおかFG)は、2008年に顧客の行動履歴や購買履歴に合わせて、顧客一人ひとりに合わせた情報発信を可能にするイベントベースドマーケティング(EBM)の仕組みを構築。2017年には、意思決定を自動化させる目的で「SAS Intelligence Decisioning」を導入し、EBMを発展させたオムニチャネルシステムを構築した。 2020-01-15 12:47:00

SAS、探索的データ分析ソフト「JMP」の最新版をリリース

SAS Institute Japanは、探索的データ分析ソフトウェア「JMP」の最新バージョン「JMP 15」とJMPに高度な分析機能を追加した「JMP Pro 15」、分析結果のレポートを組織内で共有できる「JMP Live」を全世界同時にリリースした。 2019-11-06 18:11:00

SAS、JR海浜幕張駅の混雑をリアルタイムに予測する実証実験

SAS Institute Japanは9月26日、JR東日本主催のモビリティ変革コンソーシアムのSmart Cityワーキンググループ「駅からはじまるスポーツのまち」に参画し、海浜幕張駅の混雑予測に関する実証実験を開始したと発表した。 2019-09-30 10:44:00

不正検知にAIを利用する企業が急増--SAS調査

SASとACFEは、不正対策テクノロジートレンドに関するグローバル調査の結果を発表した。 2019-08-13 06:00:00

SASと日本IBM、横浜銀行と東日本銀行の顧客管理高度化を支援

SAS Institute Japanは3月27日、日本IBMとともに横浜銀行と東日本銀行の顧客管理(Customer Due Diligence:CDD)業務の高度化を支援すると発表した。 2019-03-29 16:11:00

SAS、AI関連の取り組みに10億ドル投資へ

SASは今後3年間、人工知能(AI)に10億ドル(約1100億円)を投じると発表した。研究開発、AIに関する顧客のニーズに対応するための教育、顧客がAIプロジェクトからのリターンを最適化できるようにするサービスなどにフォーカスする。 2019-03-19 12:00:00

自治医科大学、循環器疾患予防の研究にAI活用

自治医科大学は、血圧計測に基づいた循環器疾患の予防に向けた研究に、人工知能(AI)技術を活用する。 2018-12-12 13:24:00

JCB、マーケティング自動化システムを構築--重複作業やミス削減で業務を効率化

JCBは、SAS Institute Japanが提供するマーケティング基盤「SAS Customer Intelligence」を導入した。 2018-10-12 13:32:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]