やました たつを(フリーライター)

デル、Dell SonicWALL SuperMassive 9000シリーズを発表--キャリア向けの性能を企業にも

2013-05-16 23:00:00

 デルは5月16日、次世代ファイアウォール製品の最新ラインアップ「Dell SonicWALL SuperMassive 9000シリーズ」の販売を開始した。価格はオープン価格。コア数やメモリ容量、スループットなど、ネットワークの規模やニーズに応じて「SuperMassive 9600」「SuperMassive 9400」「SuperMassive 9200」の3つのモデルから選択できる。



 SuperMassive 9000シリーズは、ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、アンチスパイウェア、侵入防止機能(IPS)、コンテンツフィルタリング、アプリケーションの可視化とコントロールなどの機能を統合したアプライアンス製品。キャリア向けに開発されたDell SonicWALL SuperMassive E10000シリーズと同程度の防御力を企業向けに最適化している。


 デルソニックウォールの特許技術である「Reassembly-Free Deep Packet InspectionR(RFDPI)」により、パケットを再構築することなくデータの中身を検査することが可能。ネットワークのスループットを低下させることなく、インバウンド/アウトバウンド双方の通信が脅威にさらされていないかどうかをリアルタイムに精査できる。


 SuperMassive9000シリーズでは、最大32コアを使用した処理性能と20Gbps以上のファイアウォールスループット、9.7Gbpsを超えるアプリケーションコントロールおよびIPSなどを実現。主なスペックは、以下のとおり。


 


 来日した米デルソニックウォール ネットワーク・セキュリティ プロダクトマネジメント ディレクター、ディミトリー・アイラペトフィ氏は、「SuperMassive9000シリーズは、大規模ネットワーク向けのDell SonicWALL E-Class Network Security Applianceシリーズとキャリア向けのSuperMassive E10000シリーズの間のギャップを埋める製品。小規模からデータセンターまで、企業の統合セキュリティを実現できる」と話している。 



 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ