やました たつを(フリーライター)

CTCとSAS、SAS Visual Analyticsを中核としたビッグデータビジネスで協業

2012-10-18 00:00:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)SAS Institute Japan(SAS)は10月17日、ビッグデータ分野における協業を強化することを発表した。この協業によりCTCは、SASのインメモリアナリティクス製品「SAS Visual Analytics」の提供を開始する。


 target="_blank"


 CTCでは、売上分析や、マーケティング、新商品開発などビッグデータの戦略的なビジネス活用を検討する企業に、実データを使った導入前の事前検証から、システム構築、導入、導入後の技術支援までをワンストップで提供。システム構築やハードウェア導入などを含め、3年間で30億円の売上を見込んでいる。


 SAS Visual Analyticsは、従来のデータベース管理システムでは扱えない大量データをリアルタイムに近い時間で探索できるインメモリアナリティクス製品。インメモリ分析エンジン「SAS LASR Analytic Server」をベースに高度なビジュアルインターフェイスを搭載し、データ統合、データ抽出・変換、データ蓄積、管理・分析などの機能をオールインワンで提供する。


 両社協業の詳細は、CTCのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。