やました たつを(フリーライター)

PlatformID、月間50億PVを処理するサービス基盤にBIG-IPを採用

2012-08-10 09:30:00

 F5ネットワークスジャパン(F5)は8月9日、顧客のインターネット広告配信を支援するインターネットマーケティング事業を展開するPlatform IDが、BIG-IPを中核とする統合ソリューションを採用し、サービス基盤を構築したことを発表した。


 Platform IDは、約50億件のインターネット広告配信枠を取り扱うとともに、ターゲティング広告のクリック動向からユーザーの行動データを分析し、広告主やメディア企業のマーケティング活動を提案する「Xrost」と、統合e-マーケティングプラットフォームである「ADPLAN」を提供している。


 今回、ネットワークファイアウォールとロードバランサの統合的なネットワークソリューションを導入することで、コスト削減、パフォーマンス改善、サービス提供までのリードタイムの短縮を実現し、IPv6にも対応した安定性の高いサービス基盤のセキュリティ構築を実現している。


 Platform IDの事例の詳細は、F5のウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]