やました たつを(フリーライター)

AIDC、大手航空宇宙メーカー向けコンポジット部品の開発にFibersimを採用

2012-08-03 19:00:00

 米Siemens PLM Softwareは8月1日、世界有数の航空機メーカーを顧客に持つAerospace Industrial Development Corporation(AIDC)が、コンポジットエンジニアリングソフトウェアである「Fibersimポートフォリオ」の最新バージョンを導入したことを発表した。


 AIDCは、コンポジット部品の設計に10年以上、Fibersimを使用。Fibersimポートフォリオの最新版を活用することで、顧客支給のCADファイルをFibersimにシームレスに変換し、製造プロセスを高速化して、フラットパターンやレーザーデータファイルの作成を可能にしている。


 AIDCでは、Fibersimポートフォリオの採用により、今後の航空機開発プログラムにおける、スキンパネル、フレーム、ドア、ストリンガーなどの開発における作業負荷の軽減を期待している。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]