やました たつを(フリーライター)

レッドハット、JBoss EAPのサポートを最大10年に延長

2012-08-03 19:00:00

 レッドハットは8月2日、JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)の製品ライフサイクルを最大10年に延長する「拡張ライフサイクルサポート(ELS:Extended Lifecycle Support)プログラム」を発表した。


 ELSプログラムは、これまで標準の7年間のサポートに、最大3年間の延長サポートを提供するもの。JBoss EAPの標準サブスクリプションに追加する年額サブスクリプションとして提供さる。価格は、16コアあたり42万9000円(税別)より。


 標準サポート、ELSプログラムのサポートレベルの違いELSプログラムが適用される製品と対応バージョン、サポート期間などは、レッドハットのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]