やました たつを(フリーライター)

ウイングアーク、Dr.Sum EAおよびMotionBoardのLinux版を発表

2012-08-01 08:00:00

 1stホールディングスグループウイングアークは7月31日、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」および情報活用ダッシュボード「MotionBoard(モーションボード)」のLinux版の出荷を開始した。


 Linux版のDr.Sum EAおよびMotionBoardは、Red Hat Enterprise Linux Server(RHEL)に対応。Linux版の提供により、導入コストの削減が期待できる。今後、ウイングアークでは、クラウドサービスベンダーとの連携を促進し、BI・データ活用ソリューションにおけるビジネスチャンスの拡大を目指す。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]