やました たつを(フリーライター)

弥生、クラウドサービスの第一弾「やよいの店舗経営 オンライン」を発表

2012-07-25 10:30:00

 弥生は7月24日、店舗の収支をタイムリーに把握できる店舗経営者向け新クラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」の提供を、2012年9月3日より開始することを発表した。初期費用は無料で、月額利用料は1470円(税込)。同クラウドサービスは、「弥生オンライン」シリーズの第一弾となる。


 やよいの店舗経営 オンラインは、経理の知識を必要とせず、日々の売上や仕入れ、経費といった売上日報の情報を入力するだけで収支状況を把握することが可能。ソフトウェアのインストールなどの導入作業が不要で、初期コストを最小限に抑えられることができ、法令改正を気にすることなく、常に最新の状態で使用できるなどのメリットがある。


 また入力したデータは「弥生会計AE」に取り込むこともできるので、やよいの店舗経営 オンラインのデータをもとに決算、申告がが可能。会計事務所においても煩雑な作業や時間を軽減できる。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]