やました たつを(フリーライター)

新日鉄ソリューションズとシトリックス、3500台のデスクトップ仮想化サービスを資生堂販売に導入

2012-07-03 06:00:00

  新日鉄ソリューションズシトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)は7月2日、資生堂販売にデスクトップ仮想化サービスを導入したことを発表した。新日鉄ソリューションズとシトリックスは2010年より、エンタープライズ向けデスクトップ仮想化分野で協業し、ソリューションを提供している。


 今回、資生堂販売では、新日鉄ソリューションズのクラウドITインフラサービス「absonne(アブソンヌ)」上にシトリックスのデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenDesktop」を搭載した「DaaS@absonne」を導入。社員の生産性向上や3500台のPCの運用負荷軽減、クライアント端末管理に関わるITシステムのフルアウトソーシングを実現した。


 新日鉄ソリューションズとシトリックスは、既存環境からの移行や業務アプリケーションの稼働確認を実施。特にUSBデバイスなどの、業務に利用するデバイスの動作検証を行っている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ