やました たつを(フリーライター)

講談社、DWHおよびBIシステムにSQL ServerとHP VMAを採用

2012-07-03 06:00:00

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と日本マイクロソフトは7月2日、講談社が基幹業務を支援するデータウェアハウス(DWH)およびビジネス・インテリジェンス(BI)システムとして「Microsoft SQL Server 2012」と「HP ProLiant DL980 G7 + HP VMA 3205 5TB SLC メモリーアレイ」の組み合わせを採用したことを発表した。


 講談社では、売上、在庫、原価を商品ごとに総合的に分析するためにDWHおよびBIシステムを構築。5億件の売上データをはじめ、莫大なデータを日々蓄積し、処理している。今回のDWHおよびBIシステムの基盤刷新により、これまで5時間かかっていた夜間の集計処理が1時間以内に終了することが期待されている。


 講談社のシステム部 部長、伊藤 光氏は、発表されたリリースで、「システム基盤刷新のポイントは“パフォーマンス”と“コスト”です。日本HPと日本マイクロソフトによる実データの検証では、現行の5倍以上の処理速度が確認されました。また他社のアプライアンス製品に比べ4分の1程度の価格であったことも採用の理由です」と述べている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ