やました たつを(フリーライター)

チェック・ポイント、セキュリティ高速化モジュール「Security Acceleration Module」を発表

2012-06-22 11:00:00

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)は6月21日、高パフォーマンスと低遅延が求められるネットワーク環境向けの新しいセキュリティ高速化モジュール「Security Acceleration Module」を発表した。


 Security Acceleration Moduleでは、チェック・ポイントの独自技術「SecurityCore」を搭載。ファイアウォールスループットが110Gbps、遅延時間が5マイクロ秒以下というパフォーマンスを実現した。


 このモジュールを21400 Applianceに装着することで、2Uサイズとしては業界最速のファイアウォールを実現できる。Security Acceleration Moduleの詳細は、チェック・ポイントのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]