やました たつを(フリーライター)

ドリーム・アーツ、ひびきSm@rtDB最新版を発表--組織の意思決定スピードを加速

2012-06-05 11:00:00

  ドリーム・アーツは6月4日、現場における協働を革新するWebデータベースの最新版「ひびきSm@rtDB(ひびきスマートDB) ver.3.1」を発表した。ライセンス価格は、1000ユーザーの場合で、1ユーザーあたり9000円(税抜)となる。


 ひびき(R)スマートDBは、ビジネスの現場における情報の管理と統制を実現するWebデータベース型BPM(ビジネスプロセス管理)プラットフォーム。最新版では、ワークフローの発想を根本から刷新し、組織の意思決定スピードの向上と体制変更におけるシステム対応の柔軟性、使いやすさを向上させている。


 最新版で追加および強化された機能は、次のとおり。


・分岐ルート
・合議機能
・所属長止まり
・起案者と決裁者が同一時の処理
・コメントを求める機能
・差戻し先の選択
・承認プロセスの可視化
・ルートシミュレーション
・権限委譲
・不在時の代行者設定


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ