やました たつを(フリーライター)

シマンテックとPonemon日本の情報漏えいコストに関する調査を発表

2012-05-28 19:30:00

 シマンテックPonemon Instituteは5月28日、「2011年情報漏えいのコストに関する調査:日本版」を発表した。この調査は日本を本拠とする企業の情報漏えい事件・事故のコストに関するベンチマーク調査。日本では初めての実施となる。


 この調査では、日本における情報漏えいの主な原因は従業員の不注意であることが明らかになっている。また日本企業における漏えい、または盗難のコストは、レコード1件あたり1万1011円。2011年の情報漏えいに関する全コストの平均は2億71万9847円だった。


 そのほかの調査概要は、シマンテックのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]