やました たつを(フリーライター)

PCの時代からクラウドの時代へ--シトリックスが目指すオープンなクラウドの世界

2012-04-20 09:00:00

 シトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)は4月19日、クラウドの最新動向とシトリックスのクラウド戦略を紹介するイベント「Citrix Cloud Vision 2012 Spring」を開催した。同イベントでは、シトリックスのクラウドソリューションである「Citrix CloudStack」を導入している、北海道大学、IDCフロンティア、SCSKもそれぞれの取り組みについて講演した。


 基調講演には、米Citrix Systemsのクラウドプラットフォームグループ グループバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるサミール・ドラキア氏、およびネットワーキング&クラウド製品ディレクターのモーガン・ゲルハルト氏が登場。「オープンなクラウド戦略とソリューション」をテーマに、クラウド時代に向けた取り組み、クラウドの実現方法、革新的なクラウド連携について紹介した。


■モバイルとクラウドで“ワークシフト”を実現


 「PCの時代には、オフィス内のケーブル接続されたPCで、自社開発された一枚岩のシステムを使い仕事をしていた。しかし近年、いつでも、どこでも、モバイル環境で仕事をしたいという要望が増えている。PCの時代には、こうした要望にシステム開発者は、1つひとつ応えなければならなかった。しかしクラウドの時代では、開発者が個別対応することなく、いつでも、どこでも、モバイルで仕事ができる」(ドラキア氏)


 「現在、PCの時代からクラウドの時代へとバトンが渡されようとしている」とドラキア氏は言う。来るべきクラウドの時代に向けてシトリックスが取り組んでいるのが、Citrix XenServerやCitrix XenDesktopによる「モバイルワークスタイル」の確立であり、Citrix CloudStackやCitrix CloudPortalによる「クラウドサービス」の確立、そしてそれらをつなぐCitrix NetScalerである。



 モバイルワークスタイルを確立することで、企業の経営者は、PCはもちろん、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスを利用して、いつでも、どこからでも経営状況を確認できる。また社員は、使い慣れた自分のノートPCを利用して(Bring Your Own Device:BYOC)、オフィスでも、外出先でも、自宅からでも仕事が可能。“ワークシフト”を実現できる。


 一方、クラウドサービスでは、Windowsデスクトップの変革により、あらゆるデバイスやアプリケーションの簡単で安心な統合された利用環境を、高いパフォーマンスとセキュリティ、可用性のもとに提供する。またプライベートクラウドとパブリッククラウドの壁を取り除き、統合することで、無限の拡張性と柔軟性の実現を目指している。これを実現するのが、CloudStackである。


 ドラキア氏は、「CloudStackは、すでに100以上のクラウド環境で活用されており、そのクラウドからの売上は10億円を超えている。しかし、CloudStackは“オープン”であることも重要なポイントだ」と話す。米Citrixは4月3日に、オープンソース財団である「Apache Software Foundation(ASF)」にCloudStackを寄贈し、オープンかつ相互運用可能なクラウドの実現を加速させることを発表している。



■TriScaleテクノロジーを搭載したNetScaler 10


 PCの時代には、デスクトップ環境と基幹システムは専用ネットワークで直接つながれていたために、パフォーマンスやネットワークに特に気を配る必要はなかった。しかしクラウドの時代では、デスクトップ環境と基幹システムはインターネットを経由してつながれるために、セキュリティや最適化、サービス品質の保証などを考慮しなければならない。そのためのソリューションが、NetScalerである。


 ゲルハルト氏は、米Citrixが4月17日に発表したばかりのNetScale 10を紹介。最大の特長は「Citrix TriScaleテクノロジー」を搭載したことだ。「TriScaleテクノロジーは、スケールアップ、スケールイン、スケールアウトによる3次元の柔軟なパフォーマンスの拡張性を実現する。これにより単なるアプリケーション・デリバリー・コントローラーではなく、クラウド・ネットワーク・プラットフォームとなる」とゲルハルト氏は言う。



 「TriScaleテクノロジーにより、Pay-as-You-Growライセンスによりハードウェアを交換することなく機能や性能を5倍まで拡張できるスケールアップ、クラスタリングによって、NetScalerのキャパシティを最大32倍まで拡張できるスケールアウトのほか、NetScaler SDXプラットフォームにより、最大40のNetScalerアプライアンスを1台のプラットフォーム上に統合できるスケールインを実現できる」(ゲルハルト氏)


 また、リアルタイムのモニタリングと適応型ポリシーコントロールを実現するNetScale ActionAnalytics機能により、トラフィックをリアルタイムに監視し、最適なデリバリーポリシーを自動的に適用することも可能。NetScaler 10では、そのほかにも160種類以上の機能追加、機能拡張が施されている。


 NetScaler 10は同日より出荷がされているが、2012年5月9日~11日に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催される「Citrix Synergy 2012」で全容が紹介される予定という。



 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ