やました たつを(フリーライター)

シーメンスPLMが「Syncrofit 2012」と「QPE 2012」を発表--締結管理と初回製品検査を効率化

2012-03-16 01:00:00

 シーメンスPLMソフトウェア(シーメンスPLM)は3月15日、米Siemens PLM Software(Siemens PLM)が「Syncrofit」および「Quality Planning Environment(QPE)」のバージョン2012をリリースすることを発表した。この発表は、米国時間の3月6日に行われたもの。


 両製品は、Siemens PLMが2011年12月7日に買収し、現在同社のビジネスセグメントであるVistagyによって開発された製品。Syncrofit 2012は、航空機体のアセンブリ管理においてCADと統合された民生ソリューション。一方、QPE 2012は、エンジニアリング特性を定義するプロセスを自動化し、初回製品検査の品質計画に組み込むことができる。


 最新バージョンでは、設計変更によるミスの削減、機体のエンジニアリングデータの企業全体でのシームレスな活用など、生産性を向上させる機能が提供される。現在、Bombardier Aerospace、General Motors、Sinomatech Wind Power Bladeなど、航空、自動車、風力エネルギー分野の多くの大手製造企業が活用している。


 なおVistagyの概要は、シーメンスPLMのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ