やました たつを(フリーライター)

日本ユニシス、授業管理システム「RENANDI v3.0」を発表--授業改善活動の支援機能や学習項目を把握させる機能を追加

2012-03-16 01:00:00

 日本ユニシスは3月15日、学校向け授業管理システムの最新版「RENANDI(レナンディ)v3.0」を発表。SaaS版およびライセンス版の提供を開始した。SaaS版の価格は、100名(ID)で月額3万5000円(税別)より。ライセンス版の価格は、利用者(ID数)無制限で年額78万円より。


 RENANDI v3.0では、大学などの教育の質を向上させる授業改善活動(ファカルティ・デベロップメント)を支援するサービスと機能を拡充し、学習者の学習項目を把握させる機能も追加している。


 今回追加されたのは、「授業改善活動を支援する機能」「学習項目を把握させる機能」「画面レイアウトを大幅に改善し、操作性を向上」など。そのほか、顧客の声をもとに、15項目以上の各種機能が改善されている。


 日本ユニシスでは、大学、大学院、専門学校などを対象に、今後5年間で10億円の売上を目指している。RENANDI v3.0の概要は、日本ユニシスのウェブサイトで紹介されている。


 


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ