やました たつを(フリーライター)

シマンテック、中堅・中小規模の企業向けデータ保護ソフト最新版「Symantec Backup Exec 2012」を発表

2012-03-15 08:30:00

 シマンテックは3月14日、中堅・中小規模の企業向けデータ保護ソフトウェアの最新版「Symantec Backup Exec 2012」の販売を開始したことを発表した。最小構成価格は、15万4200円(税別)より。


 Backup Exec 2012では、Backup Execユーザーコミュニティからのフィードバックに基づいてユーザーインタフェースを刷新。管理機能と監視機能の操作性を向上することで、バックアップ専任者がいない企業でも安心してデータ保護を実施することができる。


 また、VMwareとHyper-Vのデータ保護において、X線(X-Ray)のように透過的に仮想マシンの状態を可視化する独自技術であるV-Rayテクノロジを実装。仮想環境、物理環境に関わらず、高速かつ効率的なバックアップとリカバリを可能にする。


 さらに、異なるハードウェアにOSを含むシステム全体を復旧するためのシステムリカバリ機能「Simplified Disaster Recovery(SDR)」を新たに搭載。障害が発生したシステムを物理サーバ、Hyper-V、VMwareのいずれの環境にも、簡単・確実に復旧できる。


 Backup Exec 2012は、販売パートナーである、ヴイエムウェア、ウチダスペクトラム、内田洋行、大塚商会、システナ、ソフトバンクBB、デル、NEC、ネットワールド、日立製作所、富士ゼロックス、富士通、富士通マーケティング、リコージャパンより提供される。


 Backup Exec 2012の概要は、シマンテックのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ