やました たつを(フリーライター)

InformaticaとMapRがInformatica PlatformとHadoopを連携--ビッグデータの統合と分析を支援

2012-03-14 20:30:00

 インフォマティカ・ジャパンは3月14日、Apache Hadoopのディストリビューションベンダーである米MapR Technologies(MapR)米Informatica Corporation(Informatica)が共同で、Informatica PlatformでMapRのHadoopディストリビューションをサポートすることを発表した。この発表は、米国時間の3月5日に行われたもの。


 この発表によりInformaticaは、無償で提供している「Informatica HParser Community Edition」を、MapRのウェブサイトから、MapRディストリビューションの一部としてダウンロード提供する。MapRディストリビューションは、EMC Greenplum MR EditionおよびCisco UCSからも入手できる。


 両社の協業により、ハイパフォーマンスネットワークの限度がさらに高められ、1時間あたりテラバイト単位のトランザクション、インタラクション、ストリーミングデータをMapR環境へ伝送できる。また幅広い範囲の構造化データと非構造化データをコーディングすることなく、Hadoopでネイティブに解析、処理できるようになる。


 なお詳細は、インフォマティカのウェブサイトで紹介されている。またMapR Distribution for Apache Hadoopの最新版は、MapRのウェブサイトからダウンロードできる。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ