やました たつを(フリーライター)

デル、第12世代PowerEdgeサーバを発表--Xeon E5搭載で、スピード、パワー、効率化を実現

2012-03-08 14:00:00

 デルは3月7日、第12世代となる「Dell PowerEdgeサーバ」、6機種の出荷を開始したことを発表した。最新版のPowerEdgeには、同日発表されたインテルの最新プロセッサである「Xeonプロセッサ E5ファミリー」が搭載されている。今回、発表された6製品は、以下のとおり。


ラックマウント型サーバ
・Dell PowerEdge R720(最小構成価格:29万8200円より)
・Dell PowerEdge R720xd(最小構成価格:39万5850円より)
・Dell PowerEdge R620(最小構成価格:27万900円より)
ブレードサーバ
・Dell PowerEdge M620(最小構成価格:18万4800円より)
タワー型サーバ
・Dell PowerEdge T620(最小構成価格:21万9450円)
マイクロサーバ(3月末出荷開始)
・Dell PowerEdge C6220(価格未定)


 第12世代PowerEdgeサーバの発表にあたり、米DellのCEO、Michael Dell氏は、ビデオを通じて「ビジネスとITの境界は消えつつあり、ITの役割はますます拡大している。特に変化の激しい現在のビジネス環境では、いかに迅速に変化に対応できるかが重要なポイント。我々は、常に革新的なソリューションを提供することで、顧客の価値や生産性、効率化を支援してきた。なかでも第12世代PowerEdgeサーバは有力なソリューションであり、この発表はデルにとっても重要なものだ」と述べた。



■お客様が設計、デルがエンジニアリング


 第12世代のPowerEdgeサーバは、「お客様が設計し、デルがエンジニアリングした製品」と形容されている。その理由は、日本の顧客5社を含む、17カ国、7700社を超える顧客のフィードバックに基づいて、11世代のデザインを踏襲しつつ、スペース性能、管理作業の自動化と生産性の向上、さらなる省電力化と効率化などが強化されているためだ。


 スペース性能の強化のポイントとしては、まず高集積化が挙げられる。高集積化では、DIMMスロット数が最大24本に拡張され、最大で768GBを搭載できる。またGPUを搭載することも可能。HPC分野において高速な処理を実現できる。さらにハードディスクドライブ(HDD)も、第11世代の2~4倍を搭載可能。PowerEdge R720xdでは、2Uのきょう体に、これまでで最大となる26本のHDDを搭載できる。


 またI/Oの高速化として、標準SSDをRAIDキャッシュ化する新機能「CacheCadeデータアクセラレータ」を搭載。Oracleデータベースを使用した検証では、クエリ性能で28倍、ユーザーサポート数で3倍を記録したという。さらにPCIeスロットにSSDを搭載できるフロントアクセス型のホットプラグ対応ドライブ「Dell Express Flash」を提供することで、標準SSDの3倍のパフォーマンスを実現している。


 次に、管理作業の自動化と生産性の向上では、リモート管理とライフサイクル管理を実現する組み込み管理絹「iDRAC(integrated Dell Remote Access Controller)7 with Lifecycle Controller」を提供。サーバの導入から更新、監視、メンテナンスなど、ライフサイクル全般の管理を効率化できる。またデル初となるエージェントフリーモニタリング機能により、OSやハイパーバイザーに依存することなくシステムを監視できる。


 さらに「iDRAC7 Enterprise」コントローラに設定情報やファームウェア情報がバックアップされているので、パーツ交換時のメンテナンス作業時間を最大85.5%削減可能。オンボードのネットワークカードをモジュラー化した「セレクト・ネットワーク・アダプタ」機能では、複数のベンダー、複数のコネクタ、複数のテクノロジから要件に応じたネットワークカードが選択できる。


 最後に、さらなる省電力化と効率化では、80PLUSプラチナ認定(94%高効率)の共通電源モジュールを搭載可能。「Rapid on」ホットスペア機能により、冗長電源構成における効率化と高可用性を実現した。また「インテル インテリジェント・パワー・ノード・マネージャー」に対応した管理コンソール「Dell OpenManage Power Center」により、消費電力の一元管理が可能になる。


 さらに全機種がデルの外気冷却活用ソリューション「Fresh Air Cooling」に対応。一般的なサーバの稼働条件、気温10度~25度、湿度20%~80%に対し、90時間で気温マイナス5度~45度、湿度5%~90%、900時間で気温5度~40度、湿度5%~85%での安定稼働が保証されている。



■CIOの要求は、スピード、パワー、効率化


 第12世代PowerEdgeサーバの適用分野としては、1つ目に仮想化やVDI(Virtual Desktop Infrastructure)、2つ目にビッグデータやビジネス・インテリジェンス(BI)、Hadoopによる分散ファイルシステム、3つ目にGPUを使用したHPC分野など。東京大学 生産技術研究所 革新的シミュレーション研究センターでは、2012年3月に「次世代ものづくり分野研究支援計算機システム」を導入する予定。このシステムは、PowerEdge R620を中心とした、90ノードのクラスタシステムとして構築される。


 デルの執行役員である町田栄作氏は、「CIOにとってITにおける重要な要求課題は、スピード、パワー、効率化をいかに実現するかということ。1993年に10年かかっていたヒトゲノムの解析が、2012年には15分で可能になっている。いまやパワフルでスピード感を持った競争力が必要。そのためには、第12世代のPowerEdgeサーバの柔軟なデリバリモデルはもちろん、幅広い専門知識を持ったパートナー企業との協力関係の強化が不可欠になる」と話している。



 第12世代PowerEdgeサーバの詳細は、デルのウェブサイトで紹介されている。


 

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ