やました たつを(フリーライター)

日本HP、SSD搭載のiSCSI仮想化ストレージ「HP P4900 G2 SANソリューション」を発表

2012-02-23 23:30:00

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月23日、iSCSI対応の仮想化ストレージ「HP P4000 G2 SANソリューション(HP P4000)」に、SSD(半導体ストレージ)を搭載したハイパフォーマンス向けモデル「HP P4900 G2 SANソリューション(HP P4900)」を発表した。


 HP P4900は、HP P4000シリーズのもつスケールアウトアーキテクチャを継承しつつ、SSDを搭載することで処理性能を大幅に向上した新製品。iSCSIソリューションをハイパフォーマンス領域にも積極展開することで、iSCSI市場のさらなる拡大を目指している。


 日本HPでは、次世代ITインフラ実現に向けた戦略「HP Converged Infrastructure」を推進。その中核となるストレージ製品ブランドとして「HP Storage」を展開している。このHP Storageにおけるサービス指向ストレージ「Converged Storage」の主力製品として、HP P4000がラインアップされている。


 HP P4900のベースモデル(2ノード、6.4TB)の価格は、1995万円より。拡張用ユニット(1ノード、3.2TB)は1008万円より。2月23日より出荷が開始されている。HP P4900に関する詳細は、日本HPのウェブサイトで紹介されている。


※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]